月と金星と明るいレグルス

~3 min
月と金星と明るいレグルス

10月中旬は、すべてのスターゲイザーに喜びをもたらします。最も明るい火星が空の注目すべき天体でだけはありません。月と金星の接近を確認するために双眼鏡を準備します。ライオンの輝く心、レグルスも近くにあります。もっと知りたいですか? 読み続けます!

月と金星の接近

10月14日午前11時50分(日本時間)に、月と金星が接近します。これははappulse(アップルス)と呼ばれます。Appulseは、2つの天体(通常は月と惑星または星)が地球から見て非常に近くに見えるときに発生します。言い換えれば、appulseとは、2つの物体の見かけのディスタンスが最小限であることを意味します。この接近の時、月と金星の間の距離は4°02 'になります。

Appulseは合に関連しております。合の間、2つの宇宙体は同じ赤経または黄道経度を持ちます。この接近と一緒の合は、10月14日午前8時57分(日本時)に発生します。月と金星は同じ赤経(10h58m10s)になり、月は金星の北に4°20 'を通過します。

これらのイベントの間、月と金星はそれぞれ-10.4等級と-4.1等級で獅子座に輝きます。空でそれらを見るには、双眼鏡を使用することをお勧めします。この二つ天体は、互いに離れすぎて望遠鏡の視野内に収まらないためです。それらは肉眼でも観察できます。

10月13日に発生するもう1つの印象的な天文イベント、火星の衝または「完全な」火星を忘れないでください。私たちの記事をざっと見て、2035年まで火星が最高の状態で見える方法を見つけてください。

レグルスはライオンの心

2020年10月13日から10月14日までの夜を見逃すことはできません。このとき、しし座の一番明るい星であるレグルスが月の近くに現れます。その名前はラテン語に「小さい王」という意味があります。この1等星は、空で21番目に明るい星であり、実際には星ではなく、4個の星が各2個のペアになって互いに回っている多重連星です。

興味深い事実:レグルスが太陽と同じ距離にある場合、太陽の150倍明るく見えます。79光年離れているため、それほど明るくは見えません。

レグルスの位置をわかるには、Star Walk 2を使用します。アプリを開いて、検索フィールドに天体の名前を入力して、その眺めを楽しんでください!ズームインして星図を探索し、周囲にある他の宇宙オブジェクトを確認できます。そして、Star Walk 2は、星が属する星座を表示します。

輝かしい天体観測イベントのピークは10月13日の夜に発生しますが、レグルス、金星、月が空を照らしているのを目撃するのにあと2日もあります。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する