2035年まで火星の最高の姿をお見逃しなく!

~3 min
2035年まで火星の最高の姿をお見逃しなく!

10月の初めに、世界中からのスカイウォッチャーは、真っ赤な火星と輝く月の壮大な合を目撃することができました。そして、今月、もう1つのエキサイティングな驚きがあります。それは、10月13日に行われる火星の驚くべき衝です。このイベントがなぜ特別なのか、そして、上空でそれを観察する方法を学びましょう。

火星が地球に近づく

火星の衝の間、地球は赤い惑星と太陽の間を通過します。火星の軌道はかなり楕円形ですから、地球と惑星の間の距離は衝ごとに異なりますが、それは26か月ごとに発生します。火星は大きな衝の時に地球から6000万キロ未満の距離にあります。そのような衝の周りで、火星はまた、地球に最も近い点である近地点に到達し、したがって、最も明るく最大に見えます。

火星の最後の最接近は2018年7月に発生し、次の最接近は2035年9月に発生します。今年の火星は地球から約6,200万キロ離れているため、最接近に到達するのをわずかに逃しています。しかし、それでも、それは非常に近いです!さらに、北半球のスカイウォッチャーは、惑星が2018年よりもはるかに高くなっているため、今年の衝の時期に火星をよりよく見ることができます。その瞬間を捉えて、赤い惑星の美しさを楽しんでください。

火星の衝

火星は2020年10月14日午前8時18分(日本時間)に衝に達し、うお座の星座で-2.6等級で明るく輝きます。赤い惑星は現地時間の中夜頃に空の最高点に到達するので、世界中の観測者は一晩中それを楽しむことができます。都市でも、火星は夜空で際立っています。日没時に空の東部、真夜中に最も高く、日の出時に西の地平線の上に輝く燃えるような赤い火星を観察してください。

最近、火星は(月と金星に続いて)夜空の3番目に明るい天体であり、すべての星、さらに木星も凌駕しています。すでに述べたように、2020年10月の火星は地球に近く、2035年までのどの時期よりも明るく、今月は肉眼や望遠鏡で惑星を観測するのに最適です。望遠鏡は、火星の表面の特徴とその明るい南極冠を見つけるのに役立ちます。

天文アプリStar Walk 2で火星の衝をお楽しみください!このアプリは、その壮大なイベントを見逃さないようにするのに役立ちます。通知をオンにするだけです。Star Walk 2を使用して、いつでも火星を見つけ、最適な表示時間を決定し、画面の下部にある名前をタップして、この驚くべき惑星に関する詳細情報を確認します。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する