ISSへのボーイング宇宙船「スターライナー」のテスト飛行

~4 min
ISSへのボーイング宇宙船「スターライナー」のテスト飛行

2019年に国際宇宙ステーション(ISS)に到達する最初の試みが失敗した後、ボーイング社のスターライナーは、今、次の試みに準備ができています。この宇宙船とその使命についてさらに学ぶために読んで続きます。

スターライナーの目的

SpaceXのクルードラゴンと同じに、ボーイングCST-100スターライナーは、NASAが宇宙飛行士をISSに輸送するために使用する予定の再利用可能な商業宇宙船です。両方の宇宙船は、NASAが低軌道への飛行のためにロシアのソユーズロケットに依存するのをやめることを可能にするでしょう。

イーロン・マスクの宇宙船はすでに人間を宇宙に運びましたが、スターライナーはまだそうする能力を証明していません。最初に、スターライナーは無人宇宙船のミッションをします。成功した場合とは、有人宇宙船のテスト飛行が続きます。

スターライナーのカプセルの直径は4.56メートルで、最大7人の宇宙飛行士の乗組員を収容できます。最大7か月間軌道上に留まり、最大10回再利用できるように設計されています。

スターライナーの打ち上げの時間

ボーイングスターライナーは、8月3日17:20 GMT(8月4日、02:20 JST)に、ケープカナベラルのスペースローンチコンプレックス41から打ち上げられます。宇宙船はアトラスVロケットによって宇宙に運ばれます。ミッションは軌道飛行試験2(OFT-2)と呼ばれます。これは、180キログラムを超える貨物を国際宇宙ステーションに輸送する無人宇宙船になります。

すべてが計画どおりに進んだ場合、スターライナーは8月4日にISSとドッキングします。カプセルは5日間ステーションにドッキングされたままになります。8月9日に、ニューメキシコのホワイトサンズミサイルレンジをドッキング解除して着陸する予定です。スターライナーは、ステーションの乗組員に通気性のある空気を提供する再利用可能な窒素酸素再充電システム(NORS)タンクを含め、約250キログラムの貨物を地球に持ち帰ります。

すでに述べたように、このミッションはスターライナーがISSに到達する2回目の試みです。NASAのウェブサイトで打ち上げとドッキングをライブで見ることができます。Space.comのウェブサイトでミッションのライブアップデートを確認することもできます。

2019年のスターライナーの問題

2019年12月、スターライナーはすでに無人宇宙飛行を行いました。カプセルはISSとドッキングし、8日間ドッキングしたままにしてから、地球に戻ることを目的としていました。しかし、飛行は完全には成功しませんでした。

打ち上げから31分後、Mission Elapsed Time(最初から時間参照システム、MET)クロックでエラーが発生しました。スターライナーがMETから判断する自身の状態と、実際の状態と11時間のにずれが生じました。このエラーが原因で、宇宙船は誤った軌道に入り、燃料を燃やしすぎ、宇宙ステーションとドッキングできませんでした。このため、NASAはドッキング手順をキャンセルし、ミッションを3日間に短縮し、計画よりも早く宇宙船を地球に戻すことにしました。

スターライナーが今回ISSに到達することを願っていましょう!

テキストクレジット:
画像クレジット:Boeing