4月に巨大な小惑星が地球の近くを通過

~3 min
4月に巨大な小惑星が地球の近くを通過

巨大な「潜在的に害を与えかねない」小惑星、(52768)1998 OR2が4月下旬に地球に接近します。 この宇宙を飛ぶ岩をどうしたら見れるのか、その詳細をお知らせします。

山サイズの小惑星

小惑星(52768)1998 OR2は、ハワイのハレアカラ天文台のNEATプログラムの天文学者によって1998年7月24日に発見されました。NASAによればその最大直径は約4.1 kmで、これはエベレストの規模とほぼ同じです。

4月に1998 OR2を見てみたい?

2020年4月29日のおよそ9:56(UTC)に、小惑星(52768)1998 OR2は地球から630万km離れた距離で上空を安全に通過します。これは月と地球の間の距離の16倍以上です。今年地球付近を通過する最大の小惑星となります。1998 OR2が空のどこに見えるかを知りたいですか? 天体観測アプリStar Walk 2なら、空にある小惑星を見つけて動きを追跡することができます。

2031年5月18日まで再びこの小惑星が地球に近づくことはないため、今年の1998 OR2を観測するチャンスを逃さないようにしましょう。次回の小惑星の接近は2079年4月16日と予想されており、その際の距離は180万kmとなります。

「潜在的に害を与えかねない」小惑星

1998 OR2は地球に接近する「潜在的に害を与えかねない」小惑星に分類されていますが、これは小惑星が地球に脅威をもたらすと解釈されるべきではありません。 NASAは「潜在的に害を与えかねない」を、地球の0.05天文単位(19.5月間距離)以内にあり、絶対等級が22以上の地球に接近する物体(小惑星または彗星)と定義しています。 そうした物体は地球に接近する可能性があり、衝突した場合に実際の損傷を引き起こすのに十分な大きさがあります。潜在的に危険な小惑星は現在22あることが知られていますが、どれも来世紀に渡り地球への脅威になるとは考えられていません。

小惑星(52768)1998 OR2は今後200年間、地球と衝突することはないと予想されています。

肉眼で見ることは可能?

4月29日に地球に比較的接近する場合でも、小惑星1998 OR2は肉眼で見えるほど明るくはありません。 暗い空の下で望遠鏡(少なくとも6~8インチ)を通して、ゆっくり動く星のような物体として見ることができます。

小惑星(52768)1998 OR2は、最も接近する夜、星HIP 54875と55201周辺のうみへび座、コップ座、からす座の近くに現れます。4月29日の接近中、小惑星は星のHIP53416近くを通過します。StarWalk 2アプリを使用すれば、これらをすべて上空で見つけることができます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する