月は8月の空に輝く金星に会う

~3 min
月は8月の空に輝く金星に会う

今年の8月、まばゆいモーニングスターの横で輝く月の三日月を目撃する機会を手に入れます。月と金星の合をいつ、どうやって見られるか、金星が今夜どこにあるか、そして、この惑星について面白い事実を知るために読めます。

月と金星がコンジャンクション(合)

月と金星の明るいデュエットが2020年8月15日土曜日の午後9時44分(日本時間)に空を飾ります。2020年8月9日に火星と会った月は、金星から空に3度59分以内でを通ります。三日月と眩しいモーニングスターは、それぞれ-10.6等級と-4.3等級で輝きながらふたご座に接近します。金星の最大等級は-4.4等級です。それは地球から見える最も明るい惑星です。金星の表面を覆う雲は、惑星に到達する太陽光の76%を反射するからです。

月と金星は日の出前に空の東部に現れます。明るい三日月は簡単に見つけることです。月に気づくと、その隣で輝く金星も簡単に見つけることになります。天体は肉眼で見えます。 双眼鏡で見つめると、よく見ることができます。

天体観測ガイドのStar Walk 2を利用して、月と金星がいつ上の空に昇り、沈むかがわかります。そして、Star Walk 2は、惑星を見つけて、この天文学的なデュエットの隣に輝く星や星座を観察するのに役立ちます。

西方最大離角での金星

モーニングスターは、その最西離角の伸長に達し、2020年8月13日木曜日に(地球から見て)太陽から最も離れたところに現れました。太陽の光が金星のをしのぐことができませんから、太陽から約46度の大角距離にある金星を見るのは一番いい時間です。金星が最西離角にあるとき、その最高の朝の幻影を楽しむことができます。この幻影は約1.5年に1回だけ発生するので、最近金星を見る機会をお見逃しなく!

金星の位相

太陽系の最も明るい惑星の金星は、月と同じような位相があります。惑星は、太陽の軌道に添いながら、位相を変化させます。金星は、太陽から最も離れたところ(最大離角)を過ぎると、その半分の相に達します。半分の相の金星は、2020年8月12日に観察されます。

ガリレオ・ガリレイは、1610年に金星の位相を望遠鏡で観測した最初の天文学者でした。彼の観測には、天動説違って、地球、惑星、星が太陽の軌道を回っていることでした。コペルニクスの地動説もガリレオの発見を支持しました。地動説の見方ガリレイは、カトリック教会と深刻な対立を経験しました。彼は自分の見解を放棄しなければならず、その真実は数十年後に証明されました。

Star Walk 2で最も注目すべき天文学のニュースを常に最新の状態に保ちましょう。アプリの「新着情報」セクションで、空で何が起こっているかを調べることができます。

去年の夏の月の空を飾る月と金星をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する