月と火星が夏の空に一緒に輝く

~3 min
月と火星が夏の空に一緒に輝く

今週末、月は火星を訪れます。この記事では、月と赤い惑星のダンスをいつどのように見るか、月による掩蔽とは何か、さらにはそれ以上のことを学びます。

月と火星の接近

2020年8月3日、月曜日に、太陽に最も近い点である近日点を通過した火星は、輝かしい月に会うつもりです。月と火星の接近は、2020年8月9日、日曜日、午前9時(日本時間)に行われます。月はうお座の星座で火星に出会います。そこでは、天体はそれぞれ-12.1等級と-1.3等級で輝きます。

月と火星は肉眼で見ることができますが、よく見るために双眼鏡を持って方がいいです。眠る前に空の東部を眺めて、この明るい二つの惑星の壮観な光景を見られます。早起きは、夜明けに空の西部でそれを探す必要があります。このとき、両方の天体が空の高い位置に到達します。

星空観測アプリStar Walk 2を利用して、月と火星の上昇と設定時刻を調べ、美しいダンスを見逃さないようにことができませ。そして、アプリは上の空の天体を見つけ、それらを取り巻く星や星座を見るのに役立ちます。

月による掩蔽の火星

南アメリカからの観測者は、もう1つのエキサイティングな天文イベント、2020年8月9日8時38分GMT、月による掩蔽を目撃することができます。月による掩蔽は、月によって隠されている星また惑星が、それと観測者の間を通過するときに発生します。8月9日、ギブスムーンが火星の前を通過しますが、赤い惑星が観測者から数時間忍ばせます。

月による掩蔽は科学者に月と星の特定で比較する機会を与え、月の動きを説明しようとする理論に持ち寄りました。何世紀にもわたって、月の動きは天文学者に困難をもたらしましたが、今日ではよく研究され、モデル化されています。このため、今日の月による掩蔽は重要な科学的価値はありませんが、観測者のために壮観なイベントです。

遠地点の月

2020年8月9日、日曜日の午後10時50分(日本時間)に、月は地球の軌道上で最も遠い地点であるその遠地点に到達します。月の軌道はわずかに楕円形ですから、地球までの距離は約10%異なります。そのため、最近の月は通常よりも小さく表示されます。は2020年8月3日に完全な段階に達しましたが、現在、衰えていて、2020年8月11日に最後の四半期に到達します。

Star Walk 2を使用して、月の満ち欠けの詳細を学び、天文学のニュースや興味深い事実を見つけることになります。

晴れ空と幸せな観察を願っています!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する