木星と土星の近くのスタージオンムーン

~3 min
木星と土星の近くのスタージオンムーン

2020年8月には、満月が2つのガスの巨人、木星と土星を伴って空を照らします。 次の満月がいつ空を飾るのか、なぜそれがスタージオンムーンと呼ばれるのか、そして空で輝くトリオをどのように見るのかこの論文にあります。

いつ2020年8月に満月が見られるですか?

満月みたいな月は、2020年8月2日日曜日の夜空に現れ、2020年8月3日月曜日の午前12時59分(日本時間)に正確に到達します。月は北極緯度を除くすべての場所に表示されます。月はカプリコルヌス星座の間で輝き、夕暮れ時に空の東部分と夜明け時に西の空を満期に優雅に照らします。天文アプリStar Walk 2で、現在地の正確な月の出と月の入りの時刻と月の満ち欠けに関する情報を見つけます。

なぜスタージオンムーンと呼ばれるのですか?

伝統的に、満月の名前は季節と季節の活動に関係があります。8月の満月は、8月にチョウザメが成熟し、漁を始める時間ですから、スタージオンムーンと呼ばれます。そして、8月の満月はブルーベリームーン、ウィートカットムーン、グリーンコーンムーンと呼ばれます。これらの伝統的な名前は、夏の最後の月の作物に関連しています。

満月は木星と土星と踊ります

今月の満月は、輝く木星と金色の土星とともに、夜空を照らします。 両方の惑星は7月の衝の後、いて座の前に位置し、それらは年末まで残ります。木星と土星は明るく、肉眼で見ることができますが、土星の美しいリングを見るには、小さな望遠鏡が必要になります。

最近、空に月が木星と土星の近くで輝いていますが、実際の空間では遠くあります。私たちの惑星と木星の間は約7億7800万km(5.2天文単位)ですが、月から地球まで約384,000キロ(0.0026天文単位)です。 地球から最も遠くみたい土星までの平均距離は、1兆2,800億km(8.58 天文単位)です。

星空観測アプリStar Walk 2を使用すると、惑星の上昇時間と設定時間を確認し、上空にある惑星を探すのができます。

8月2日と3日に、木星、土星の横で輝くスタージオンムーンをお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード