十月の流星群

~5 min
十月の流星群

10月には、いくつかの流星群を含む、エキサイティングな星空観察イベントが開催されます。この記事では、その3つの流星群をいつとどのように見るについて説明します。

流星群とは何か、または空で見る方法がわからない場合は、次の2つの記事「ペルセウス座流星群について知る必要があるすべて」と「この夏、4つの流星雨が一緒に見られる」をお読みください。

りゅう座流星群

最初の流星群は、りゅう座流星群またはジャコビニ流星群です。10月6日から10日まで活動しており、ピークは10月8日です。放射点はりゅう座にあり、そこから流星群の名前が付けられています。母天体はジャコビニ・ツィナー彗星です。

りゅう座流星群の活動は変動します。ほとんどの場合、母天体が地球の近くにない限り、1時間あたりの平均流星数は最大6つです。これらの流星は、ペルセウス座流星群と比較して遅く、まれです。しかし、活動の爆発がいくつか記録されました。これらの爆発の間、平均速度は1時間あたり20から数百の流星でした。1998年、シベリアと極東のスターゲイザーは幸運にも、1時間に最大700個の流星の短い閃光を目撃することができました。2011年には、ヨーロッパの観測者も1時間あたり600を超える流星を見ました。

この流星群を見るのに最適な時期は、日暮れまたは夕方です。なぜ日暮れにですか?りゅう座が空の最高点に到達する時ですから。この星座の詳細と、Star Walk 2を使用して見つける方法については、Facebookをご覧ください。上空の流れ星の眺めを楽しむために、星座を直接見る必要はありませんが、それが空で最も高いときだけを決定します。

北半球はりゅう座流星群を見る可能性が高いですが、南半球からの観測者も見る可能性があります。10月7日と8日に空が暗くなったらすぐに探して方がいいです。観測時間はかなり短いです。

国際流星機構によると、地球はジャコビニ・ツィナー彗星が残した2つの尾の近くを通過するため、今年はりゅう座流星群が少し高い活動を生み出す可能性があります。これは、10月7日の午前10時25分と10時57分(日本時間)に発生し、この時期に放射点が空で最も高くなる北米の東海岸に有利に働きます。南半球の熱帯地域も公正な観測場所になりますが、放射点の低い度だから、流星の数は少なくなります。

おうし座南流星群

おうし座流星群には、北部と南部の2つの群があります。南群は9月10日から11月20日まで活動しており、北群の約1か月前の10月9日にピークに達します。この流星群はエンケ彗星に関連しています。

おうし座南流星群は、天体写真家やアマチュアの天文学者にとって絶好の機会です。おうし座流星群の多くの流星は遅くて明るいので、捕獲するのに最適なターゲットになります。そして、スピードが低く安定しているため、この流星群は初心者が観察するのに最適な対象です。北半球は少し幸運かもしれませんが、おうし座南流星群はすべての緯度から観測できます。くじら座にある放射点が地平線より上にあるときは、おうし座流星群を捕まえる良い時間です。1時間あたり約5つの流星になります。

ぎょしゃ座δ流星群

10月中旬にもう1回流星群が発生します。ぎょしゃ座δ流星群は、ぎょしゃ座に放射点がある小さな流星群です。10月10日から18日まで活動しており、ピークは10月11日です。ぎょしゃ座δ流星群はりゅう座流星群ほど壮観ではありません。ピーク時には1時間に最大2つの流星を捕まえることができます。観察をより成功させるために、次の簡単なルールに従うことを忘れないでください:

  • 日暮れで流れ星を探します。
  • 都市の光害に近づきません。
  • 放射点が最も高くなる時期を確認します。

空に流れ星の眺めを楽しむなら、10月はあなたを楽しませてくれます。しかし、これらは今月ピークに達する最後の流星群ではありません。毎年恒例のオリオン座流星群は10月2日から11月7日まで発生し、10月21日に最大の活動を示します。これは最も強い流星群の1つであるため、ピークの頃に、このイベントの詳細を明らかにする別の記事を公開します。詳幸せな天体観測!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する