金星、土星、木星が11月に一直線に並ぶ

~4 min
金星、土星、木星が11月に一直線に並ぶ

今日の記事では、11月末の3つの明るい惑星が一直線に並んでいることを見る方法と、2021年の最も明るい彗星で現在何が起こっているか説明します。ブラックフライデーセールもお見逃しなく! 詳細は記事の最後にあります。

金星、土星、木星が1一直線に並ぶ

11月末には、金星、土星、木星が空に一線に並びます。惑星は数日間一直線に表示されますが、2021年11月25日に互いに最も近くなり、日没後は肉眼で観察できます。

北半球には、金星が空の非常に低い位置にあるので、金星を見るには遮るもののない地平線が必要です。惑星は南半球のために高く上昇します。視界を妨げるものが何もないと、金星は簡単に見つけることができます。見かけの等級は約4で、空で最も明るい惑星であり、11月下旬から12月上旬にかけてさらに明るく輝きます。この惑星をいて座の星座で見られます。

2番目に明るい惑星である木星は、山羊座の南(南緯には西)の高いところにあります。木星は土星の近くにありますが、土星が木星と金星の間に光っています。土星は3つの惑星の中で最も暗いものです。肉眼で見ることができますが、はっきりと見るには暗い空が必要です。

空に明るい星が金星、木星のいずれであるかが疑わしいとは、SkyTonightアプリを使用できます。SkyTonightは天体の名前を見つけるのに役立ち、将来にも空でのそれらの位置を示します。これは、それらを観察するのに最適な時期を把握するのに役立ちます。

11月末のレナード彗星

今年の最も明るい彗星、レオナード彗星(C/2021 A1)は、12月の最初の2週間以内に4の等級に達し、肉眼でさえ見えるかもしれません。現在、視等級は約8で、望遠鏡で観測できます。

11月末にレナード彗星を見つける方法は?クリス・ヴォーンによると、今週、彗星はりょうけん座の間で真夜中過ぎにあり、日の出まで東の地平線上を移動します。レナード彗星を見つける最も簡単な方法は、SkyTonightアプリを使用することです。彗星はまだ肉眼で見えるようになっていないため、観測ために双眼鏡または望遠鏡が必要があります。

ブラックフライデーセール

ブラックフライデーを祝うために、新しい天体観測アプリSky Tonightの割引を行います。空にある天体を見つけるのに役立ち、天文現象のカレンダーが含まれ、カスタム通知を設定することができます。

11月25日から29日まで、Sky Tonightの生涯プレミアムアクセスを最大70%オフでご利用いただけます。プレミアムアクセスは広告を削除し、アプリのすべての機能を制限なく使用できるようにします。

Sky Tonightのサブスクリプションを既にお持ちですが、割引価格で購入したいとは、最初に古いサブスクリプションをキャンセルすることを忘れないでください。残念ながら、私たちはストアのルールにより自動で行うことはできません。サブスクリプションをキャンセルするには、アプリを開き、「メニュー」 > 「プレミアムアクセス」に移動して、「サブスクリプションをキャンセル」ボタンをタップします。システムウィンドウが開きます。そこには、目的のサブスクリプションを選択してキャンセルする必要があります。

これで、金星、土星、木星が並ぶのをいつ見るか、そして今週、レナード彗星を観察する方法がわかりました。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot