月と火星が夜空で一緒

~3 min
月と火星が夜空で一緒

2020年11月26日に、月が赤い惑星と並行して上昇します。今日の記事では、この現象を説明できる2つの天文学用語について説明し、上空で美しいデュオを見つける方法を説明します。

最小角距離と合

2つの天体が空で接近するとき、天文学者は2つの関連する用語を使用することがあります。そのを区別する必要があるのは、最小角距離(appulse)と合(conjunction)です。最小角距離は、空の2つの物体間の最小の見かけの分離を示します。は、2つの天体が同じ赤経を共有する場合に発生します。これは、地上の経度に相当する天体です。 一般に、最小角距離の正確な時間は合の正確な時間とは異なります。場合によっては、合なしで最小角距離が発生することがあります。

月と火星の接近

日本時間の11月26日4時46分に、火星は10日齢の月と同じ赤経になるため、月と火星の結合が発生します。合の間、月はくじら座で-12.3等級で輝き、火星はうお座の隣接する星座で-1.3等級で輝いています。少し後、同じ日の日本時間の8時59分に、最小角距離も発生します。月は火星に最も接近し、赤い惑星から4°27 '以内を通過します。

合と最小角距離の正確な時間ですが、2つのオブジェクトの接近を確認できるのはこれだけではないことに注意してください。11月26日の夜、月と火星が地平線の下に沈むまで一緒に輝いているのを見ることができます。また、この日を取り巻く日には、月も赤い惑星にかなり近くなるので、このデュオを3泊続けて楽しむことができます!

空で月と火星を見つける方法

上空で月と火星のタンデムを見つけるのはとても簡単です。月は夜空で最も明るい天体なので、月を見つけるのに特別な知識は必要ありません。赤く光る火星を見つけるには、Star Walk 2アプリを使用して方がいいです。画面の左下隅にある拡大鏡アイコンをタップし、「火星」と入力して、対応する検索結果をタップすると、正確な場所が表示されます。次に、左上隅にあるコンパスのアイコンをタップし、白い矢印に従います。空では、火星は私たちの衛星の近くで輝く明るい赤みがかった点のように見えます。天体のデュオは肉眼で観察できますが、双眼鏡の視野にもよく合います。

楽しく観察をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する