月と火星の美しいデュオをお楽しみ

~3 min
Enjoy the Brilliant Duo of the Moon and Mars

天文学愛好家は、これらの次の数晩に2つの壮大なイベントを楽しむチャンスがあります。まず、月は火星に出会い、ふたご座の星の近くで明るく輝いています。第二に、とらえどころのない水星は、東方最大離角を迎えます。これは、小さな惑星を観測するための最も良い瞬間です。これらのイベントを見る方法に関するいくつかのヒントを得るために読んでください。

月と火星が出会

2021年5月16日、日本時間13時47分に、月と火星の合が発生します。この瞬間、天体は同じ赤経を共有し、互いに1°28'の距離にあります。月は-10.6の等級で輝き、火星は1.7の等級で輝きます。ふたご座の星の間で天文学的なデュオを見られます。

夕暮れ時に観測を開始して方がいいです。数日前、夕方の空で月が水星と金星に接近しました。これらの明るい惑星はまだおうし座に残っています。現在、輝かしい金星は水星の約36倍、火星の163倍の明るさです。しかし、最も暗い惑星は後で沈みます。火星は日暮れの後数時間外にとどまります。赤い惑星は今は平均明るいですが、それでも暗い空で見つけるのは比較的簡単です。

今夜、自分の場所から月と火星を何時に見ることができますか?天体観測ガイドStar Walk 2は、最適な視聴時間を簡単かつ迅速に決定し、上空で素晴らしいデュオを見つけるのに役立ちます。Star Walk 2を使用すると、美しい星座、深宇宙の天体や衛星を見たり、天体に関する興味深い事実を学んだり、天文学の世界からの注目すべきイベントに遅れないようにすることもできます。

東方最大離角での水星

5月17日、日本時間17時14分に、もう1つの注目すべき天文学的イベントが発生します。それは、速くて小さい惑星の水星が東方最大離角を迎えます。とらえどころのない惑星が地球から見たときに太陽から最大の離角に達するので、それは水星の観測にとって一番良い瞬間です。東方最大離角で水星は夕方の時間帯に最もよく観察されるので、東方最大離角が夕方の離角とも呼ばれます。

現在、水星は空の西部を飾っており、夕暮れ時にまばゆいばかりの金星の上に現れています。惑星は0.3の等級で明るく輝いています。秘訣は、時間内に観測を開始することです。空で水星を探すのが早すぎると、夕方の夜明けの光で見えなくなりますが、検索を遅すぎると、水星は地平線の下に消えてしまいます。最適な視聴時間は、日没後60〜90分程度です。

私たちの記事が観察を魅力的で刺激的なものにするのに役立つことを願っています。この記事が気に入ったら、友達と共有し、Star Walkのソーシャルメディアでフォローして、明るい天文イベントを見逃さないようにしてください。

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する