アースデイ: 地球を守る日

~5 min
アースデイ: 地球を守る日

4月22日は、世界中で、アースデイ(地球の日、英語:Earth Day)です。この日は、自然と調和した生活を促進するという重要な使命を果たしています。

内容

アースデイの歴史

最初のアースデイは、1970年にゲイロード・ネルソン上院議員によって米国で開催されました。それは環境意識のための全国的なイベントになりました。その年の後半に、環境保護庁も設立されました。アースデイは急速に成長しており、現在、公式のアースデイのWebサイトが宣言しているように、毎年約10億人がこのイベントに参加しています。

1972年に、国連はストックホルムで人間環境会議を開催しました。それで、持続可能な開発の概念の推進が始まりました。偶然かどうかにかかわらず、総会は2009年に4月22日を国際母なる地球デーに指定しました。イベントの名前は、多くの国で地球を「母」と呼んでいるので、人間の団結を示します。両方のイベントとも、人々がより環境に配慮したライフスタイルを送るように促すことを目的としています。

宇宙科学はどのように気候変動と戦うのか?

軌道上の毎日は地球の日です。宇宙から見ると、人間は宇宙のごくわずかな部分であり、地球は私たちが保護しなければならない壊れやすい宇宙船であることが鮮明になります。結局のところ、地球を上から見ることは、その問題をよりよく理解するのに役立ちます。

宇宙科学は、気候変動の防止と解決に大きく貢献しています。例えば、NASAが米国地質調査所と協力して飛行したランドサットミッションは、地球の森林の状態を調査します。アマゾンの熱帯雨林で集まれたデータは、火災の季節の原因と影響を調査に役に立っています。もう1つのNASAミッションであるスオミNPPも、熱異常を追跡しています。さらに、地球の氷の被覆の変化、オゾン層の健康、大気汚染、およびその他の地球のコンディションを監視します。

欧州宇宙機関が立ち上げた欧州連合のコペルニクスのセンチネルも、地球の状態に関するデータを収集しています。このミッションは、海、陸、大気の振る舞いを測定し、地震と竜巻を予測するための緊急事態管理の概要を示します。現在、その目的で使用されているセンチネル-2によって証明されているように、高密度の海洋プラスチックの蓄積でさえ上から検出できます。そして、これらは確かに宇宙科学が地球を保護するのをどのように助けるかについての唯一の例ではありません。宇宙ミッションのために開発されたグリーンテクノロジーは、フィルター内蔵の再利用可能なウォーターボトルフレキシブルソーラーパネルなどの日常生活にも役立ちます。科学者がデータを分析して解決策を提案している間、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士と一緒に軌道上にある数十の衛星が地球を上から研究します。しかし、毎日集められている科学データが、一般の人々の関与なしには役に立たないでしょう。

誰もがどのように貢献できるの?

アースデイに参加するために、宇宙飛行士や科学者である必要はありません。アースデイに始めて、毎日続けることができる活動のリストはここにあります:

  • 歩きながらゴミを拾う;
  • 使用しないときはライトを消す;
  • 水の使用量を制限する;
  • 木を植えるか、植林プロジェクトに寄付する
  • 普通の本ほ代わりに電子書籍を使う;
  • 植物ベースの食事を選ぶ;
  • 再利用可能なボトルを使用する;
  • ガラスまたは紙製品を購入する;
  • 環境に優しい洗浄剤を使用する;
  • 再利用可能なバッグに切り替える;
  • 生態学的プロジェクトに参加する。

結論:アースデイは、自然と人類が不可分につながっていることを私たちに思い出させることです。「宇宙から地球を見るとき、私たちは自分自身を全体として見ます。1つの惑星、1つの人類です」。そのようなアースデイのメッセージは2020年4月22日にスティーブンホーキングによって配信されました。人間は地球と接続されています。そして、皆さんは、この惑星をより住みやすい場所にするために努力することができます。だから、頑張ります!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot