ベルカとストレルカの宇宙飛行60周年

~4 min
ベルカとストレルカの宇宙飛行60周年

60年前、1960年8月19日にベルカとストレルカの犬は、軌道飛行を行い、無事に家に帰った最初の生物になりました。この記事では、注目すべき動物を記念して、宇宙への旅について面白い事実を明らかにしたいと思います。

犬の宇宙飛行士のアーカイブのビデオも見ることができます。見るために、ここをクリックしてください。

宇宙飛行の前のストーリー

1950年代の終わりまでに、ソビエト連邦はすでに最初の人を宇宙に送る準備ができていました。しかし、ソビエトの科学者たちは、生物がそのような飛行に耐えることができるか確信を必要としていました。そのため、人間の親友である犬が最初に行き、人間の宇宙探査への道を開くことが決定されました。

1957年、ソ連の主な宇宙船デザイナーセルゲイ・コロリョフの指示により、科学者たちは野良犬12匹を選び、将来の宇宙飛行のために訓練を開始しました。集中的なトレーニングには数か月かかり、犬が限られたスペースでを飼い、極端な加速に耐え、自動ディスペンサーからゼリーのような食べ物を食べるように教えることも含まれていました。その過程で、トレーニングの先生たちは犬と密接な関係を築き、彼らと仲良くになりました。

トレーニングで最高の成績を表したのは、2.5歳の犬のベルカ(「白犬」)とストレルカ(「小さな矢」)でした。 彼らは、スプートニク5号の宇宙船で地球の周りを1日飛行するために選ばれました。

犬の宇宙飛行士

1960年8月19日、2匹の犬を乗せたスプートニク5号がバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。打ち上げの間、犬の脈拍と呼吸数は上がりましたが、宇宙船が地球の軌道に達したとき、ベルカとストレルカはゆっくりと落ち着きました。犬の宇宙飛行士の容体、血圧、心拍数、脳活動、その他多くのパラメータを特別な装置によって綿密に検問されました。これは犬を保護し、宇宙飛行のストレスが人間にどのように影響するかをわかるために行われました。宇宙船には、犬たちの画像を地球に送り返すカメラも装備されていました。

そして、ベルカとストレルカはカプセルに一人ではなく、彼らは1匹のウサギ、42匹のネズミ、2匹のラット、ハエ、沢山の植物や菌類とともにいました。

全体として、飛行はかなりうまく行きました。打ち上げのストレスの後、犬たちはほとんどの時間穏やかで、食事をとても楽しんでいました。監視システムによると、無重力状態にさらされてもそれほど気になりませんでした。船が4回目に地球を周回した後、ベルカが突然非常に心配して吠え始めたとき、不安な瞬間が1つだけありました。ベルカは、何らかの未知の理由で間違いなく気分が悪くなりました。この事故のため、科学者たちは、宇宙で最初の人間のユーリ・ガガーリンの飛行を地球の周りの1つの軌道回路のみに制限することを決定しました。

宇宙飛行の後

1960年8月20日、地球の周りを17回周した後、スプートニク5号は上陸しました。ベルカとストレルカは25時間以上宇宙で過ごし、70万キロの距離を成功しました。着陸時に、犬たちは非常に気分が良かったです。医療検査でも異常は見られませんでした。したがって、ベルカとストレルカは、軌道飛行を生き延びた最初の生き物になりました。

飛行の数か月後、ストレルカは6匹の健康な子犬を出産しました。それらの1つ、プーシンカ(「ふわふわ」)と呼ばれる、米国大統領ジョン・ケネディへの贈り物として与えられました。アメリカに到着した後、プーシンカはホワイトハウスに定住し、すぐにケネディ一家と一緒に住んでいたウェルシュテリアのチャーリーと子犬ができました。これらの子犬は、ソビエトのへの言及として冗談めかして「ププニクス」と呼ばれていました。

ベルカとストレルカは、ソビエト研究所に残りの人生を送りました。世界中の人々は常に、宇宙に関する私たちの知識に計り知れない貢献をして、星への道を開いてくれた犬たちの英雄的な飛行を思い出します。

テキストクレジット:

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する