今週の空に何を見るか?

~3 min
今週の空に何を見るか?

夏の最後の週は、新しい壮大な天文イベントと一緒に来ます。これはガスの巨大の惑星と踊る月を観察するのが最適な時期です。火星は明るくなり、水星は日没後に見え、金星は夜明け前に光ります。2020年8月25日から30日までの注目に値する天文イベントの詳細については、以下をお読みください。

今週の惑星

8月17日、速くて小さい水星が太陽系の合に達し、太陽系の向こう側で太陽を通り過ぎました。今週、夕焼け後に西の空に見えてきますが、夕方の黄道の低角度により、北半球中緯度に住むすべての人にとって水星は地平線に非常に近くあります。赤道付近や南半球から見ると、水星は9月に素晴らしいショーを開催します!一番良い見る時間は午後8時15分頃( 現地時間)です。

もう1つの内側の惑星はすごく明るい金星で、今週、午前2時50分頃(現地時間)に東北東に上昇し、その後日の出まで見えます。望遠鏡で見ると、金星は半分照らされた形を示します。今週、金星はふたご座であるポルックスの星の東へ移動します。夜明け前の暗い空の中で、金星の右側にあるオリオンの景色を楽しむことができます。

夜の惑星を見たい人にとって、ガスの巨人は主な特徴になります!日没後に空が暗くなると、最初、南東の空の低い位置にとても明るく白い木星と次に左側にある黄色い土星が表示されます。

地球が10月まで火星に向かって移動しているため、赤みがかった火星の見えるディスクサイズは明るさが着実に増加しています。今週、赤い惑星は午後10時(現地時間)過ぎに東部で上昇します。火星はうお座の下部にある星を横切るです。

今週の青緑色の天王星は午後10時30分頃(現地時間)に上昇します。その距離にもかかわらず、肉眼でも、暗い空の下の双眼鏡でも見ることができます。5.7等級の天王星をハマルとシェラタン星の近くに南アリエスに探して方がいいです。

月は明るい星とガスの巨人を訪れる

今週は世界中に月の景色を楽しむのに素晴らしい週になります。私たちの自然衛星は火曜日に正式に第1四半期のフェーズに到達します。第1四半期では、月は常に正午頃に上がり、真夜中に下がりますから、午後の昼間の空にも見えます。

火曜日の夜、月は赤い星のアンタレスとサソリの爪であるアクラブ、ズッハバ、ファングを示す3つの小さな白い星の上に輝きます。水曜日と木曜日の夜に、月はへびつかい座を通過し、射手座の上に着陸します。金曜の夜に、ガスの巨大惑星である木星と土星を月が訪れます。この壮大なイベントを見逃さないために私たちのニュースに従ってください!

天文アプリのStar Walk 2を利用して、月と惑星の出ると入る時間で、そしてあなたの上の空でそれらを探す場所を決定します。

幸せな星空観察!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する