2021年の4月に月と火星を観測!

~4 min
Moon and mars conjunction and occultation

今週末、4月の空で月と火星の合と掩蔽が起こります。掩蔽がアジアの一部から見えるだけですが、2つの宇宙オブジェクトの合は、ほぼすべての場所から観察できます。明るいデュオの見方は?読み続けます!

天文学に掩蔽とは何ですか?

掩蔽は、ある天体が観察者の視点から別の天体の前を通過するときに発生します。月による掩蔽を含むいくつか掩蔽のタイプがあります。それらは、月が星や惑星の前を通り過ぎて、それを隠しているときに発生します。

星食は比較的頻繁に起こりますが、惑星が月に掩蔽されるのは1年のうち普通数回起こります。月の空での正確な位置は、観測者の地球上の位置によって異なります。これは、地球の全の場所で月による掩蔽が見えないのを意味します。月が地球の片側から特定の天体の前を通過すると、地球の反対側に天体から度離れて表示されます。掩蔽の簡単な例は皆既日食で、これは基本的に月が太陽を掩蔽していることです。地球上の特定の地域からの観測者にとって、月は太陽の前を通過し、太陽の光を完全に隠します。

掩蔽を見る方法は?

2021年4月17日の火星が月に掩蔽されるのは、東南アジアからのみ夜間に見ることができます。世界掩蔽観測者協会(IOTA)が提供する正確な掩蔽時間(UTC)を確認してください。UTCを現地時間に変換することを忘れないでください。

IOTAのグラフでは、白い線の間のところは4月17日に火星が月に掩蔽される場所を示しています。青い線の間の小さなセクションは夕暮れ時に掩蔽が見える場所を示し、赤い点線の間の領域は掩蔽は日中に行われます。

掩蔽を観察するために正しい時間が必要です。Star Walk 2とそのタイムマシン機能を利用して、将来の観測を計画します。アプリを開き、月を見つけて、画面の右上隅にある時計アイコンをタップします。次に、分または時間をタップし、右側のバーをスクロールして未来に移動し、月の空を横切る道をたどります。月はアプリ内で大きく表示され、実際の空よりも早く火星を覆い隠す可能性があることに注意してください。それを避けるには、アプリで月を近づけます。これを行うには、画面に2本の指を置き、それらを広げます。

月と火星の合

東南アジアに住んでいなくても4月の月と火星はまだ観察する価値があります。月と火星の合は4月17日日本時間21時08分に起こります。月(等級-11.0)は火星(等級1.5)の南に0°07 'を通過します。このとき、月は24.1%照らされます。おうし座で私たちの衛星と赤みがかった惑星が出会うのを見るために、前夜に見始めたほうがいいでしょう。そして、合の後でも、それらは互いに比較的近くにとどまります。

デュオは望遠鏡の視野内に収まるように十分に近く、肉眼または双眼鏡を通して見ることもできます。月と火星の経路を経時的に追跡するには、Star Walk 2のタイムマシン機能を使用できます。この機能の使用で問題が発生した場合は、日時の設定方法のビデオガイドをご覧ください。

これらは、週末に天文観測で忙しくするための私たちの提案でした。この記事をソーシャルメディアで友達と共有して、観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する