2022年トップ12個天文現象

~7 min
2022年トップ12個天文現象

この記事では、2022年に見逃してはならない宇宙関連のイベントについて説明します。今後の流星群、日食と月食、宇宙ミッションについて調べることができます。始めましょう!

内容

2022年の最も面白い天文現象に関するビデオもご覧いただけます。

天文現象

1月3日:しぶんぎ座流星群

2022年はしぶんぎ座流星群から始まります。この流星群は1時間あたり最大120個の流星を生成できますが、普通、1時間あたりの速度は約25になります。2022年1月のしぶんぎ座流星群の極大の時には、月の1%未満が照らされます。これは、流星の見るために最適です。真夜中以降に観察を開始することをお勧めします。しぶんぎ座流星群の放射点はうしかい座にありますが、流星は空のどこにでも現れる可能性があります。

4月30日:部分日食

部分日食は、月が空の太陽の一部分のみを覆っているときに発生します。2022年には、2つの部分日食が発生します。最初のは4月30日に発生し、南アメリカ南部全体で表示されます。特別なソーラーフィルターなしで太陽を直接見ないでください!

5月16日:皆既月食

皆既月食は、月が本影と呼ばれる地球の影の中央部分を通過するときに発生します。このタイプの月食は月が赤くなるので最も壮観です!2022年には、合計2回の月食です。最初の月食は5月16日に発生し、北米全体、グリーンランド、および西ヨーロッパと西アフリカの一部から見られます。

8月13日:ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群は、おそらく最も人気のある流星群です。少なくとも北半球ではです。そこには暖かい夏の夜に極大になるのです。この流星群の時、1時間あたり最大100個の流星を見ることができます。残念ながら、2022年には満月が空を照らしているため、観測条件は理想からほど遠いものになります。ただし、一部のペルセウス座流星群は非常に明るいため、関係なくそれらを見ることができます。最も多くの流星を捕まえるには、ペルセウス座にある流星群の放射点から少し離れたところを見て方が良いです。

9月26日:木星が衝

衝は、惑星が地球から観察されるように太陽の真向かいに配置されているときに発生します。それは空の惑星を観測するのに最適な時期です。2022年、巨大ガス惑星である木星は9月26日に衝になります。肉眼で明るい惑星を見ることができます。双眼鏡を使用すると、木星のガリレオ衛星を見つけることができます。

10月25日:部分日食

10月25日、2022年の2回目の部分日食が発生します。それはヨーロッパのほとんど、北アフリカ、中東、そしてアジアの西部から見ることができます。ロシア中部から最もよく見えます。

11月8日:皆既月食

11月8日に、2022年の2回目の皆既月食が発生します。今回、日食はロシア東部、日本、オーストラリア、そして北アメリカ西部と中央部の一部で見られます。自分の場所から日食が見えるかどうかを知るには、Eclipse Guideアプリを使用ことができます。

12月14日:ふたご座流星群

ふたご座流星群の時、1時間に最大150個の流星を見ることができます。ふたご座流星群の流星は非常に明るく、白、黄、赤、青、緑など、さまざまな色があります。流星群の放射点は、ふたご座の星座にあります。北半球に住んでいると、現地時間の22:00頃から放射点が空高く配置されるため、深夜までに流星を探し始めることができます。南半球の観測者は、流星が現れるのを深夜を待たなければなりません。

これらの素晴らしい天文現象をお見逃しなく、Sky Tonightをダウンロードことができます。このアプリには天文カレンダーが組み込まれており、興味のあるイベントの通知を設定できます。

宇宙開発

アルテミス1号

NASAの無人宇宙船アルテミス1号は、将来の月探査への道を開くことを目的としています。ミッション中、オリオン宇宙船(宇宙発射システムと呼ばれる超重量打ち上げロケットによって打ち上げられた)は、月の軌道で6日間過ごします。アルテミス1号が成功した場合、次のミッションであるアルテミス2号は、月の軌道への乗組員による飛行になります。

アルテミス1号は、2022年2月までに発売される予定です。

ルナ25号

来年開始される予定のもう1つの月探査ミッションは、ロシアの宇宙機関ロスコスモスによるルナ25号です。これは、1976年のルナ24号以来、月面への最初のロシアのミッションになります。ミッション中、ルナ25号の宇宙船は、ボグスラフスキー火口の月の南極近くに着陸し、極地のレゴリスの組成を研究します。

ルナ25号の打ち上げは2022年7月に予定されています。

サイキ

NASAのミッションのサイキ(また、プシケ)は、その研究対象である主な小惑星帯にある大きな金属を主体とする小惑星プシケ(16 Psyche)にちなんで名付けられました。科学者たちは、この小惑星が火星ほどの大きさの原始惑星の鉄心である可能性があると信じています。サイキ宇宙船は小惑星の軌道に入り、その地質、形状、元素組成、およびその他のパラメータを研究します。この使命は、惑星形成についての私たちの理解を深めることが期待されています。

サイキの打ち上げは2022年8月に発売される予定です。

2022年エクソマーズ

エクソマーズは、欧州宇宙機関(ESA)とロスコスモスの共同プログラムです。エクソマーズのミッションでは、ロシアの着陸機のカザチョクがESAのローバーロザリンド・フランクリンを火星の表面に配置します。ローバーの主な目的は、赤い惑星での過去の生命の兆候を探すことです。

エクソマーズミッションは、2022年9月に打ち上げられる予定です。

この記事を読んでくれてありがとうございます!星空を探索し、今後の宇宙関連のイベントについて常に情報を入手したい場合は、星空観察アプリSky TonightStar Walk 2をダウンロードことができます。楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot