今週の天体観測:空に何が見えるでしょう?

~4 min
今週の天体観測:空に何が見えるでしょう?

今週は、よく知られている新しい天文イベントがあります。月は下弦を過ぎると夜空からだんだん見えなくなります。その間、火星は最大の大きさで見えるようになり、木星と土星は夕方でも見え、金星は夜明け前の空に輝きます。流星にも目を光らせましょう!アプリの記事を読んで、2020年10月6日から11日までの注目すべき天文イベントについて詳しく学びましょう。

下弦の月

満月を過ぎた今、は毎晩欠けていき、もっと遅い時間の夜空に昇るようになるので、世界中のスカイウォッチャーが見る夕方の空は、月なしで暗いものになるでしょう。火曜日の夜、月はおうし座の燃えるような目である明るいオレンジ色の星、アルデバランの左側に現れます。水曜日の夜、移動した月は雄牛の南の角の先端を示すゼータ(ζ)タウリという名前の中くらいの明るさの星の上に現れます。有名なかに星雲の超新星残骸はメシエ1とも呼ばれ、月とその星のほぼ中間に見られます。

木曜日と金曜日に、月はふたご座を横断します。10月10日土曜日のグリニッジ標準時0:39に下弦に達すると月は真夜中頃に昇り、その後は午前中ずっと南の空に見ることができます。弦に続く月のない夕方の空の週は、10月の空の奥に輝く天体を観測するのに最適な週です。欠けていく三日月が10月11日日曜日の現地時間午前1時頃に昇ると、かに座のプレセペ星団またはメシエ44として知られる大きな散開星団の上に現れます。

地球に近づく火星

月曜日の夜から火曜日の朝にかけて、火星は2035年までのどの時点よりも地球に近づきます。つまり、事実上どのサイズの望遠鏡でも、火星の真っ赤な円盤と、表面のマークも観測できるかもしれません!雲のない夜空の今週は、最も大きく見える火星の姿を観測しましょう。来週の火星は衝に達し、最も明るく見えるでしょう。アプリでニュースをチェックすれば、この壮大なイベントを見逃すことはありません。

今週、非常に明るく赤みがかった火星が現地時間の午後7時30分前に東の空に昇ります。夕方遅くまでに南東の空の3分の1以上くらいの位置に達し、現地時間の午前2時までに南の空の半分より少し上まで昇り、日の出後に西に沈むでしょう。赤い惑星はうお座の星の中で輝きを放ちます。

輝く惑星を見る

現地時間の午後7時をすぎるやいなや、とても明るい白い木星が南の空の下部に現れます。その後しばらくすると、木星の左側に薄暗い黄色がかった土星が木星の近くに現れます。

世界中の現地時間の午後8時以降は、火星と氷の巨大惑星天王星海王星も地平線の上に見えるでしょう。今週の月のない夕方の空は、これらの星を見るのに理想的な時です。青緑色の天王星は、おひつじ座の南側を一晩中かけて横切ります。午後遅くに昇る海王星はみずがめ座の北東側の星の間に位置し、中程度の明るさの星、みずがめ座ファイ星の左側に見えます。

金星はしばらくの間、東の夜明け前の空に輝いています。今週は現地時間の午前4時頃に昇り、日の出まで東の空に見え続けます。アマチュア用の望遠鏡で見ると、金星は凸状の半分照らされた形に現れるでしょう。今週、この惑星はしし座を通過して、しし座の明るく白い星、レグルス星の下に降ります。

ジャコビニ流星群のピーク

毎年10月6日から10日まで見ることができるジャコビニ流星群は、10月7日水曜日の夜にピークになります。ジャコビニ流星群を観測するのに最適な時間は、夕暮れ後でりゅう座の流星群の輝きが北の空の高い位置にあるときです。この流星群と他の10月の流星群の詳細については、次の記事をご覧ください。

星空ガイドのStar Walk 2は、空にある星、星座、惑星、その他の宇宙物体を見つけるのに役立ちます。検索ボックスに物体の名前を入力してリストから選択するだけで、上空に物体の場所が表示されます。

澄み渡る夜空の下で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する