5月7日から12日までの空

5月のこれからの2週間は、夕方の観察しやすい時間に双眼鏡や裏庭の望遠鏡で起伏の激しい月の地形を見るのに最適な時期です。

火曜日の夜には、三日月が赤みを帯びた火星の指3.5本分左下の地平線に達します。三日月の北端の上方近くに位置する中位の明るさのおうし座ゼータ星を探しましょう。その星は、おうし座の東側の角に当たります。月と火星は、裸眼でも双眼鏡でも見ることができます。

火星は、毎晩夕暮れ後に約1時間見え続けます。空が暗くなった時に、赤みを帯び中位の明るさの極めて小さい光の点として見える火星を探してみましょう。西の空の軌道を3分の1昇っていない位置にあります。

月は水曜日と木曜日に双子座を通過します。その後、金曜日に、上弦の月に近い月がかに座の中の大きな散開星団をほぼ直接通過します。

現地時間の真夜中を過ぎた時、非常に明るい木星が南東の地平線の上の低い位置に見えます。木星は現地時間の午前4時までに南の地平線の上の最高点に達し、その後、夜明けになると西の方向に沈んでゆきます。

黄色がかった色をした土星を探しましょう。土星は、ひと夏中木星の約2時間後に昇り、夜明け前の空の木星の左下の広げた拳の約2.5倍の直径の周囲に位置します。小さな望遠鏡でも土星の輪を見ることができるので、望遠鏡のほこりを払い用意しておきましょう。

金星は極めて明るいため、簡単に見ることができることが多くあります。しかし、金星は夜明け前の太陽に接近しているため、日の出の直前に金星を見るには、地平線が広く開かれていなければなりません。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する