今週の空模様

今週、世界中で木星が夜空を支配しています。しかし空にはその他にも観測したいものがあります。それは天空の光です!

6月10日に木星の衝が観測されました。現在、木星は2019年を通して最大級の明度(実視等級-2.6)で輝き、その可視側面の直径は46アーク秒で最大になります。それは満月の直径の2.5%に当たります。木星は1週間ほどそのサイズを保ち、それからゆっくりとサイズと明度を落とし始めます。望遠鏡を使って夏いっぱい木星を楽しめるでしょう!

衝の前後には、木星の衛星も観測することができます。時おり、木星の4つのガリレオ衛星が木星の側面を横切る際に、それらが落とす小さな丸い黒い影をアマチュア望遠鏡で観測できます。この現象は6月11日(火)の夜遅くに始まり、南北アメリカの観測者は木星に映る衛星の影のうち2つを同時に観測できます! 東海岸標準時午後11時29分には、ガニメデの影がすでに移動中のイオの影に合流するでしょう。イオの影が惑星から外れるまで、2つの影は64分間木星を横切ります。ガニメデの影は、東部標準時午前1時50分まで、木星の北極地方を通過し続けます。

今週の現地時間午後11時直前に、東南東に黄味がかった土星が昇ります。土星は、ティーポット型の射手座を構成する星のすぐ左に位置します。土星は木星よりかなり暗めです。

遠くて仄暗い、青い海王星は、南東の明け方の空、水瓶座の星の間にあります。海王星は現地時間の午前2時前に上昇するでしょう。6月中旬以降、海王星は夕空の一員となるでしょう。より明るい青緑色の天王星は現地時間の午前3時ごろに上昇し、牡羊座の星の間に鎮座しています。

最後の上昇は、私たちの明るいご近所さん、金星です。金星は今週、東北東の明け方の低い空に姿を現し、ゆっくりかつてないほど日の出に近づいていきます。飛行機とは異なり、金星は安定した不動の光を放ちます。

今週の日没後、火星と水星は北西の地平線のすぐ上に滞在しています。水星は徐々に太陽から離れた位置に上昇して明度を増すため、日ごとに見つけやすくなります。

当社の総合的な天文ガイドStar Walk 2アプリを使って、簡単に大空の天体を識別し、現在地で見られる天体イベントの正確な時間を確認し、常に最新の天文学ニュースを受け取りましょう。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App StoreでダウンロードGoogle Playで入手する