毎年の06月30日の国際小惑星の日:歴史、面白い事実、活動

~7 min
毎年の06月30日の国際小惑星の日:歴史、面白い事実、活動

6月30日に第8回小惑星の日が開催されます。この日で、地球を深刻な脅威から救うことができるため、非常に重要です。このイベントのために大セールを手配しました。特別なオファーをお見逃しなく!

内容

小惑星についての知識を広げるために、小惑星クイズに答えることもできます。

小惑星は重要な小さい宇宙の岩です。小惑星を研究することは、科学者が太陽系の形成された方を理解するのに役立ちます。小惑星の追跡は、地球との衝突の潜在的な脅威があるため、天文学者にとって優先事項です。このクイズでは、小惑星についての知識をテストし、小惑星についての新しい興味深い事実を学ぶことができます。
クイズをスタート!

小惑星の日とは?

小惑星の日(Asteroid Day)は、小惑星による地球衝突についての危機意識を高める目的を持って世界規模の啓発キャンペーンです。国連は2016年にそれを公式に認可しました。小惑星の日のイベントは、何千の主催者によって地球の周りで主催されています。

小惑星の日はいつ?

小惑星の日は毎年、6月30日に開催されます。この日は、地球の最近の歴史の中で小惑星に関係がある最も有害な小イベントのツングースカ事件に捧げられています。

小惑星の日の創設者

アイデアは以下によって開始されました:

  • 天体物理学者と音楽家(ロックバンドクイーンのリードギタリスト)のブライアン・メイ(Brian May);
  • 地球に落下する小惑星についてのSF映画である51 Degrees Northを執筆して、監督した映画製作者のグリゴリー・リヒター(Grigorij Richters);
  • 小惑星の衝突から地球を保護することを使命とするB612財団の会長兼最高経営責任者のダニカ・レミー(Danica Remy);
  • 研究科学者とNASA宇宙飛行士とB612の共同創設者のラッセル・シュウェイカート(Russel Schweickart)。

2014年に、彼らは最初の小惑星の日を発表し、幅広い支持を得ました。200人を超える科学者、宇宙飛行士、芸術家が小惑星の日の宣言に共同署名しました。2016年、国連はそれを国際的なイベントと宣言しました。

小惑星の日に参加する方法

小惑星の日のイベントは世界中で開催されています。小惑星の日のウェブサイトの地図を使用して、現在地のオフラインとオンラインイベントを見つけることができます。事前にウェブサイトを確認することをお勧めします。6月30日にイベントを手配することをお勧めしますが、イベントの主催者はそれに近い別の日付を選ぶことができます。

家にいたい場合は、6月1日から7月4日までの任意の日に小惑星の日テレビを見ることができます。「小惑星のマッピングの事例」(“The Case for Mapping the Asteroids”)や「TEDの小惑星時間のすべて」(“TED All About Asteroids Hour”)などの放送を特集しています。小惑星のコンテンツと宇宙飛行士、専門家、有名人からの解説付きのメイン放送の小惑星デイライブは、グリニッジ標準時6月30日9:00から14:00まで(日本時間の18:00から23:00まで)に放送されます。

参加するもう1つの方法は、正式に100X宣言と名付けられた小惑星の日の宣言に署名することです。それは、今後10年以内に小惑星の発見率を年間100,000個(つまり100倍)に増加させることを求めています。

小惑星の日の創設者は、地球と衝突を与える可能性のある発見された小惑星の現在の割合が低すぎるため、そのような宣言をしました。100万個以上の小惑星が私たちの惑星を襲う可能性があります。ただし、検出されたのは約1パーセントにすぎません。宣言は主に科学者にアピールしますが、誰でも参加して署名することができます。

各小惑星の日は、小惑星の衝突や科学や宇宙愛好家全般を懸念する人々にとって注目に値するイベントです。また、大セールを開催して、イベントに参加することも決定しました。ご要望に応じて、Sky Tonightアプリへの生涯プレミアムアクセス最大70%の割引では再開します。しかし、このオファーには期間があって、6月27日から6月30日までしか入手できません。その後、プレミアムアクセスはサブスクリプションによってのみ利用可能になります。チャンスをお見逃しなく!

最大の小惑星衝突

小惑星が地球に衝突したらどうなるでしょうか? インフォグラフィックは破壊のスケールが小惑星のサイズに依存することを示しています。小さな小惑星は見過ごされがちですが、大きな小惑星は都市や地球の全人口を一掃する可能性があります。地球の歴史の中で最大の小惑星衝突の結果を説明します。

Is there an asteroid heading for Earth? How big of an asteroid would destroy a city? Check out this infographic to learn cool facts about hazardous asteroids.
インフォグラフィックを見る

ツングスカ小惑星:8000万本の木を破壊

ツングースカ事件は、1908年6月30日、ロシア中央シベリアのポドカメンナヤツングースカ川の近くで起こった大爆発でした。おそらく、この爆発は直径約50-100メートルの小惑星によって引き起こされました。この爆発のエネルギーは、広島市に投下された原子爆弾よりも千倍強力であると推定されています。

チェリャビンスク小惑星:住宅地で爆発

2013年2月15日、直径約20メートルの小惑星が地球の大気圏に入り、ロシアのチェリャビンスク市の上空で吹き飛ばされました。爆発のエネルギーは広島の原子爆弾のエネルギーの20〜30倍だったと推定されています。電波は窓を破壊し、近くの6つの都市の建物の一部を破壊しました。約1,500人が負傷し、そのほとんどが粉々に砕けたガラスでした。幸いなことに、致命的な結果は報告されていません。このイベントはSNSで話題になり、潜在的な小惑星の脅威を研究する新しいラウンドを引き起こしました

チクシュルーブ小惑星:恐竜を殺した

恐竜はどのようにして絶滅しましたか?最も一般的な理論は、6600万年前、地球が巨大な小惑星(直径約10キロメートル)と衝突し、メキシコのチクシュルーブ衝突クレーター(直径約180キロメートル、深さ20キロメートル)を離れたというものです。衝撃波は地震、津波、時速1000キロメートルを超える風、そして太陽を遮るガスと塵の雲を引き起こしました。多くの恐竜は爆発の最中にすぐに死に、残りは飢餓で死にました。植生は深刻な被害を受けたため、草食動物が最初に死に、次に捕食者がそれらを食べました。

小惑星が地球に衝突するのを防ぐ方法

人類はそれを行うための可能な方法に取り組んでいます。先ほど、NASAのDARTミッションについてお話しました。低速重力トラクター、太陽エネルギーまたは原子力エネルギーの使用、さらにはスプレーペイントなど、他のソリューションも提案されています。問題は、衝突の5分前にそれらを展開できないということです。それらはすべて、数年の開発、テスト、およびさらなる展開を必要とします。危険な小惑星を早く発見すればするほど、地球を救わなければならない可能性が高くなります。そのため、小惑星の日を観察し、小惑星の衝突の危険性についての認識を高め、研究を奨励することが不可欠です。

小惑星がない空で楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot