天王星と海王星での天気の変化

NASAの科学者は最近、太陽系で最も研究が遅れている木星型惑星の素晴らしい画像を受け取りました。これらの遠く離れた巨大氷惑星の最新の眺望からは、両惑星の大気の新しく変わった側面がいくつか見られ、惑星における季節的経過と天候循環と密接に関連していることが見て取れます。

ハッブル宇宙望遠鏡による定期的な天候の調査中に、海王星の頂上に不可解な渦巻きの様な模様がとらえられましたが、それがどのようにして形成されたかは明確には知られていません。これらの大暗班は、4〜6年ごとに出現してすぐに消えるか、層の深い内部要素暗斑の渦により回転し海王星の大気により高気圧性方向に引き上げられるため、木星の大赤斑を思い起こさせます。

暗斑の右側には、パンケーキ型の雲も見られます。そうした特徴は、通常地球の山の上で上向きに形成される綿雲と類似しています。固い表面や水が豊富な水圏はなく、急速に上方へ押され凍結したガスで生じたメタン水和物ように見えます。

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App StoreでダウンロードGoogle Playで入手する