紫金山・アトラス彗星:2024年の大彗星?

~15 min

紫金山・アトラス彗星(C/2023 A3)は、2024年秋のハイライトとなることが期待されています。2023年初めに発見されたこの彗星は、「世紀の彗星」とも呼ばれる可能性があります。 この彗星はすでに両半球で観測可能です!無料の天文アプリSky Tonightを使用してC/2023 A3を探すことができます。この彗星が話題に適しているかどうか、そしていつ肉眼で見えるようになるかを見てみましょう。

目次

「彗星は猫のようなもの:尾を持ち、好きなことを正確にする。」

デビッド・レヴィ、彗星:創造者と破壊者。

紫金山・アトラス彗星の特徴

デビッド・レヴィ氏のこの引用は、カナダの天文学者であり多くの彗星を発見した彼にふさわしいもので、紫金山・アトラス彗星(Tsuchinshan-ATLAS)にもピッタリです。まず、紫金山・アトラス彗星は美しい彗星の尾を成長させることが期待されています。通常、光度が低い彗星には目立つ尾がありません。水星の軌道に近い距離で太陽を通過した後、C/2023 A3のダストと氷のコマはかなり加熱されます。氷の粒子が蒸発すると、大量のダストを引き連れてすぐに宇宙へと逃げ出し、長く明るい尾を形成します。歴史が示すように、太陽に近づく彗星は、太陽の熱に「焼かれ」た直後に最も印象的な尾を形成します。そして、それがC/2023 A3の場合です!

Comet McNaught over the Pacific Ocean
2007年の彗星マクノート、その美しい大きな尾を示す。

また、紫金山・アトラス彗星の明るさは予測が難しく、今後数ヶ月の活動に大きく依存します。しかし、ほとんどの情報源は一つのことに同意しています:紫金山・アトラス彗星は肉眼で見える可能性が高いと。幸運ならば、非常に明るくなる可能性があり、2020年夏のNEOWISE彗星を上回るかもしれません。これほど明るい彗星を見るのは久しぶりなので、観測者たちはC/2023 A3に非常に興奮しています。

彗星が肉眼で見えるようになるのは、おおよそ等級3のときです。等級スケールは天体に広がる光の全体量を測定するもので、星や惑星のようなピンポイントの光源では肉眼の視認限界が低い(等級6.5)ですが、彗星や銀河のような拡散した天体では高くなります。

しかも、C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)は、北半球でよく見えます。北半球から非常に明るい彗星が見えたのは、1997年のヘール・ボップ彗星のときが最後でした。

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)の見つけ方

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)をSky Tonightアプリで見つけることができます。アプリを開き、画面下部の拡大鏡アイコンをタップします。次に「C/2023 A3」と入力し、対応する検索結果の横にあるターゲットのアイコンをタップします。アプリは、現在の場所の空での彗星の位置を表示します。デバイスを空に向け、白い矢印に従って見つけます。

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS) via Sky Tonight app.
Sky TonightアプリでC/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)。

紫金山・アトラス彗星は今見られるのか?

現在、C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)はまだ暗く、等級は約10です。夜遅くに北緯と南緯で見ることができます。この彗星は、黄道の乙女座をゆっくりと移動しており、乙女座で最も明るい星のスピカ(等級1.0)の北を通過し、おとめ座ゼータ星(等級3.4)のすぐ下を通過します(南半球では方向が逆になります)。

小型望遠鏡を持つ観測者は、空でC/2023 A3を見ることができます。また、デジタル一眼レフカメラで捉えることも可能です。写真では、この彗星はぼんやりとしたやや長い形のオブジェクトのように見えます。より大きな望遠鏡やより高度なカメラを使用すると、彗星の尾が明らかになります。

Comet C/2023 A3 Tsuchinshan-ATLAS on Apr. 29, 2024
バーチャル望遠鏡プロジェクトの一環として利用可能なセレストロンC14ロボットユニットで遠隔撮影された彗星C/2023 A3。

2024年4月の突然の明るさの増加

2024年4月初旬、彗星C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)は予期せず等級11から等級10に明るくなりました。天文学者たちは、この突然の明るさの増加が4月18日の彗星の衝に近づくことによるものだと考えています。衝の間、観測者は太陽を背にして彗星を直面し、コマの中の塵ができるだけ明るく見えます。彗星が衝を過ぎた今、その明るさの増加は遅くなるでしょう。

しかし、この変化が彗星の将来の視認性に影響を与えるわけではありません。大きな疑問は残ります。この「氷の訪問者」が9月に太陽に近づくときに何が起こるのでしょうか?今彗星を密に観察することで、重要な情報を収集するのに役立ちます。この記事でさらに彗星の明るさについての私たちの考えを共有します。また、すべての最新ニュースを迅速に投稿するインスタグラムアカウントもフォローしてください。

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)の2024年の視程予報

2024年の月間可視性の予測は次のとおりです。

  • 5月:10〜11等級、夕方に見えます。
  • 6月:9~10等級、主に南半球で観察されます。明るい夏の夜と太陽からの赤緯が低いため、北半球の観測条件が悪いです。
  • 7月:8〜9等級、夕方には南半球でさらによく見えます。
  • 8月:月末までに4等級ですが、太陽に近すぎます。
  • 9月:3から4等級で、太陽から遠ざかり、南半球の明け方の空に現れ始めます。観測窓が短く、彗星の尾をとらえる好機です。9月27日から10月2日にかけて、北半球では明け方に現れます。
  • 10月北半球での観測に最適な月です。10月12日に地球に最接近する際、彗星は最も明るくなります(等級約0-1)。夕方の空で比較的地平線の高い位置にあります。
  • 11月:4.5-8等級、夕方に見えます。日没後、北半球でさらに高く上がります。
  • 12月:8-10等級。徐々に太陽の方向に近づいていき、地平線の上で低く上がります。南半球からは見えません。
Comet Tsuchinshan-ATLAS' path May 2024
空を横切る紫金山・アトラス彗星の軌道。

彗星は非常に予測不可能な天体であり、データ(特に見かけの等級)は急速に変化する可能性があることに注意してください。ただし、最新情報をお届けできるよう最善を尽くします。

2024年に地球に接近する紫金山・アトラス彗星:太陽系を通過する経路

2024年を通じて彗星が太陽系を通過する様子を月ごとに追うことができます。また、彗星の軌道を宇宙で視覚化するビデオも作成しました。彗星の明るさや位置が時間とともにどのように変化するかを確認するために、ぜひご覧ください。

  • 2月~7月:6ヶ月間、C/2023 A3は木星と火星の軌道の間を移動します。この期間の終わりまでに、彗星は地球から2.04天文単位で離れます。

  • 8月:C/2023 A3彗星は地球と火星の間に到達します。この月の終わりまでに、彗星は地球に1.76天文単位まで接近します。

  • 9月:C/2023 A3彗星が金星の軌道に入ります。9月27日、彗星は近日点を通過し、0.39天文単位で太陽に最も接近します。この間、彗星は高温の衝撃で分裂する可能性があります。

  • 10月:C/2023 A3が近日点を通過すると、10月12日に地球に最も接近し、地球からの距離は0.48天文単位となります。明るさは最大になり、肉眼でも観測できるようになります。

  • 11月: C/2023 A3は、地球から遠ざかるにつれて徐々に明るさを失っていきます。月末には、彗星と我々の惑星の距離は1.94天文単位まで伸びます。今後20年間、彗星は太陽系の端に向かって移動し、さらに26,000年間は戻ってきません。

紫金山・アトラス彗星の発見

2023年2月22日、南アフリカのにあるATLAS(アトラス)望遠鏡は、彗星であることが証明された新しいかすかな天体を検出しました。一時的にA10SVYRと指定されました。この彗星はまた、2023年1月9日に紫金山天文台(拼音:Zĭjīn Shān Tiānwéntái、英語名:Zijinshan Astronomical Observatory)の望遠鏡によって独自に捉えられました。確認待ち天体リストに追加されましたが、その後の観測報告がなかったため、紛失とみなされ、2023年1月30日にリストから削除されました。彗星命名システムに基づいて、彗星は両方の観測所の名前を受け取り、正式に**C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)**と命名されました。または、紫金山・アトラス彗星です。

その発見後間もなく、2022年4月までの観測が小惑星センターのアーカイブで発見されました。紫金山・アトラス彗星は、太陽の周りを一周するのに80,660年かかる長周期彗星です。

紫金山・アトラス彗星の名前の意味

彗星の名前には、彗星が最初に見られた場所と時期に関するデータが含まれています。

  • Cの文字は、非周期彗星を示します。このタイプの彗星はオールトの雲を起源とし、太陽系を一度だけ通過するか、200年から数千年かけて太陽を周回します。
  • 2023 A3は、彗星が2023年1月の前半に発見されたことを意味し(IAU彗星命名システムの文字 Aに対応する)、同時期に発見された3番目の天体でした。
  • Tsuchinshan-ATLAS(紫金山・アトラス)は、発見が紫山天文台(Zijinshan Astronomical Observatory)の望遠鏡と小惑星地球衝突最終警報システム(アトラス、英語:ATLAS)を使用して行われたことを意味します。

紫金山・アトラス彗星の観測に最適な時期と予定の明るさ 🤩

紫金山・アトラス彗星は北半球で最もよく見られ、2024年10月中旬に肉眼で見ることができます。彗星の正確な明るさを予測することは困難です。ほとんどの人はそれが約0-1等級になると考える傾向があります。

2024年10月12日に、紫金山・アトラス彗星は地球に近づき(0.48 AU)、その時期にピークの明るさに達する予定です。astrovanbuitenen.nlによると、C/2023 A3は最大で-4.0等級まで明るくなる可能性があります前方散乱の効果によるもの)。

SETI研究所は、彗星のピークの明るさが0.6から-6.6等級の範囲になると予測しています。比較として、20世紀で最も広く観測された彗星ヘール・ボップはピーク時に-1.8等級でした。2023年初頭に話題となったいわゆる緑色の彗星C/2022 E3 (ZTF)は、最大で5.4等級に達しました。有名なNEOWISE (C/2020 F3)はピーク時に0.9等級でした。

ショーを楽しむために、9月の終わりから朝の空で彗星を探し始めてください。日の出前の非常に低い空で見えるでしょう。9月27日に、紫金山・アトラス彗星は太陽に最接近します(0.39 AU)。astrovanbuitenen.nlによると、この時期にC/2023 A3は0.5等級に達し、肉眼で簡単に見ることができます。

近日点を通過した後、紫金山・アトラス彗星はしばらく姿を消し、2024年10月初旬に夜の空で再び現れます。10月の終わりまで夜の天体として見ることができますが、10月12日以降は急速に輝度が低下し、月末には肉眼で見ることができなくなります。

Magnitude of C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS), May 2024

紫金山・アトラス彗星の核:大きさが重要

彗星の明るさは、主にその核の大きさによって決まります。例えば、ヘール・ボップ彗星の核は直径約60km、ハレー彗星の核は15kmで、短周期彗星としてはかなり大きいです。通常、彗星の核は数キロメートルの直径しかありません。

では、C/2023 A3の核の大きさはどうでしょうか?残念ながら、確かなことは言えません。現代の高度な機器を使用しても、長周期彗星の核は通常、彗星活動による濃密なダストの雲に覆われていて見えにくいため、近似的な推定に間接的な方法に頼る必要があります。

いくつかの推定によると、その核は直径6kmから15kmの間とされています。これにより、核が太陽に近づくにつれて、2011年の近日点で1kmの核が分解したISON彗星(C/2012 S1)のように崩壊することがないという希望が持たれています。他の天文学者は、核の大きさが20kmから40kmの間であると示唆しています。これが事実であれば、2024年秋には壮大な天体ショーが待っているかもしれません!

Comparison of Comet Nucleus Sizes

紫金山・アトラス彗星は次の大彗星になるか?

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)は、次の大彗星になるかもしれません。大彗星とは、正式な定義はありませんが、通常、非常に明るい彗星です。意図的に彗星を探したわけではない観測者でも気づくほどの明るさです。また、このような彗星は、天文界の外でもよく知られるようになります。1997年のヘール・ボップ彗星や2007年のマクノート彗星は、大彗星と呼ばれるようになった最後の彗星です。繰り返しますが、彗星は非常に予測不可能な天体です。今は、2024年の秋のC/2023 A3の活躍を気長に待つしかありません。

紫金山・アトラス彗星:結論

C/2023 A3 (Tsuchinshan-ATLAS)彗星は大きな可能性を秘めており、2024年10月には肉眼で見えるようになるかもしれません。いくつかの予報によると、0等級以上になる可能性もあります。今のところ、望遠鏡でしか見えません。Sky Tonightアプリ](https://get.skytonight.app/c2023a3_03)を使って、C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS)を探すことができます。アプリのタイムマシン機能を使えば、未来の空で彗星の位置を見ることができます。ビデオチュートリアルを見て、この機能の使い方を学びましょう。

テキストクレジット:
Trustpilot