2020年の皆既日食:チリとアルゼンチン

~3 min
Total solar eclipse above the mountains

2020年12月14日、皆既日食が発生します。今日の記事では、この壮大な天文イベントをいつ、どこで、どのように観測できるかを説明します。

皆既日食とは何ですか?

日食は太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなったりする時に起こります。皆既日食は、月が空の太陽を完全に覆ったときに発生します。

もし、地球と月の軌道が同じ軌道面にあったら、皆既日食は毎新月で発生しました。しかし、月の軌道は、地球の軌道に対して約5度傾いています。このため、地球からの観測者にとって、月は通常、毎月太陽の上または下を通過します。

毎年、地球上で2〜5回の日食が起こり、皆既日食は2回以外ありません。今年の12月の皆既日食は、2020年の単一の皆既日食になります。

日食や月食についてもっと面白い事実を知りたいと、楽しくてやりがいのあるクイズに参加します

2020年の皆既日食を見る方法は?

2020年の唯一の皆既日食は12月14日に起こります。それは南アメリカの西で日本時間の23時32分に始まり、南アフリカの西で12月15日、2時54分に終わります。地球からの観測者にとって合計の最大長は2分10秒になります。残念ながら、チリとアルゼンチンからしか見えないため、世界のほとんど場所で皆既日食を見る機会はありません。ボリビア、ブラジル、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイでは、部分日食になります。

現在地での日食の正確な時刻を知る最良の方法は、Eclipse Guideを使用することです。このアプリは、日食を見たい人達のために特別に設計されました。日食があなたの場所からどのように見えるかを見ることができるか、そして、その最大位相がいつ起こるか「スカイ」タブで学ぶことができます。このタブでは、日食の特定のフェーズについてお知らせをオンすることもできます。「進路」タブと「マップ」タブでは、世界中の日食のパスを視覚化し、日食の観測に最適な場所について学ぶことができます。

幸運にも日食を見ることができたら、安全上の注意を忘れないでください。太陽を直接見ないで、日食にとって特別なメガネを使用してください。そうしないと、太陽光線が目に深刻なダメージを与える可能性があります。

澄み渡る空の下で、楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Sebastian Voltmer
Eclipse Guide ロゴ

Eclipse Guide

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する