2022年の最初のブラッドムーンはいつ?

~6 min
2022年の最初のブラッドムーンはいつ?

2022年5月、輝かしい天体の光景を見ることができます。皆既月食は、南北アメリカ、アフリカ、およびユーラシア大陸の一部から見られます。

内容

2022年5月の月食の時間

地球の影が月を完全に覆っている皆既月食は、**5月16日、日本時間の午後12時30分(03:30GMT)に始まります。85分間続いて、2018年以来最長の皆既月食になります。価値のある見方はさらに早く始まります。これが5月16日の皆既月食のタイムライン全体です。

  • 半影食は日本時間の午前10時33分(01:33GMT)に始まります。この部分は肉眼では見えないので、経験のある天文学者にとってのみ興味深いものです。
  • 部分食は日本時間の11時28分(02:28GMT)に始まります。これは観察を始めることができるときです。月は、太陽の光を遮る地球の陰影を通過するため、月の一部が暗く見えます。
  • **皆既食は日本時間の午後12時30分(03:30GMT)に始まり、午後1時11分(04:11GMT)に最大に達します。月は完全に地球の暗い影になります。
  • 皆既食は午後1時54分(04:54GMT)に終了します。ここで月面を離れる本影を見ることができます
  • 部分食は午後の2時55分(05:55GMT)に終了します。それ以来、月食は肉眼では見えません
  • 半影食は3時51分(06:51GMT)に終了します。

自分の場所から皆既月食をいつ見るかがわからない場合は、Eclipse Guideアプリを使用できます。それは特定の場所に基づいて正しいタイミングを計算し、月食のカレンダー、視覚化、そして最高の観測場所のリストを含む完全な情報を提供します。

月食の見られる場所

皆既月食は、その月が地平線の上にある場所からのみ見られます。5月15〜16日に、皆既月食の全段階が北米(北西部を除く)、南米全体、アフリカ、および南西ヨーロッパから見られます。少なくとも部分月食は、全体のヨーロッパ、南西アジア、アフリカ、北アメリカの大部分、南アメリカ、太平洋、大西洋、インド洋、南極で見られます。

月食を見るのにもっと良い場所

5月15〜16日の全ての月食は、南アメリカと北アメリカの東部で見られます。皆既月食の時までに、月は地平線より高くなり、天気が良ければどこからでも見ることができます。あまり好ましくない場所から月食を観察する場合は、街の郊外にある丘を見つけることをお勧めします。観測者と月の目に見える道の間に障害があってはなりません。

月食の見方

日食とは異なり、月食を見るのは安全なので、目の保護は必要ありません。そして、月食は肉眼の簡単なターゲットです。それでも、双眼鏡を使って、月のクレーターをより詳しく調べることができます。

皆既月食とは?

皆既月食は、月、太陽、地球が真っ直ぐに整列し、地球が他の2つの天体の間に入るイベントです。この場合、地球はすべての直射日光が月面に到達するのを防ぎます。したがって、月は赤みがかって暗く見えます。

皆既月食は、どうやってできる?

満月の時に月が空の太陽の真向かいにあるため、月食は満月でのみ発生します。その時の地球が月と太陽と一致すると、地球の陰が月に降り注いで月食が形成されます。

皆既月食は4つの一般的な段階を経ます:

  • 半影段階は、月が半影と呼ばれる地球の外側の影を通過するときです。この段階は肉眼では目立ちません。
  • 部分段階を観察できます。月は、本影と呼ばれる地球の影の最も暗い部分に入ります。
  • 全体の月が本影の中にあるとき皆既段階は最も壮観な部分です。
  • 食の最大は、皆既段階の中間です。それは月が本影の真ん中にあるときです。月が本影を残し始めるまで、食の最大は続きます。

帰り道、月は最初と2番目の段階を繰り返します。

皆既月食はどのくらいの頻度で起こる?

月食は満月につながっているので、毎月発生するように見えるかもしれません。しかし、実際には、月食は年に約2回発生します。理由は何ですか?月の軌道は地球の軌道に対して約5度傾いているため、太陽、地球、月はたまにしか整列しません。平均して、皆既月食は地球上の任意の場所から約2.5年に1回見られます。

皆既月食の長さ

地球の直径は月の直径よりもはるかに大きいので、月食は常に日食よりも長くなります。全体のイベントは数時間かかり、全体は約30分から1時間以上続きます。2022年5月の皆既月食の全段階は85分間続きます

日食と月食についてはさらに興味深い事実があります。それを知るために、クイズに答えます

次のクイズに答えて、日食と月食について実際にどれだけ知っているかを確認します。それの終わりまでに、これらの天文現象のより良い理解を得て、知らなかったいくつかの興味深い歴史的事実を学ぶべきです。次の記述が正しいか間違っているかを判断します。
クイズをスタート!

ブラッドムーンの意味

皆既月食の間、月は赤くなります。しかし、それは神の怒りのしるしではありません。色は光の屈折によって引き起こされます。直射日光は月面に到達しませんが、散乱光線は地球の大気を通過し、青色のスペクトルを遮断します。その結果、長い赤い光線だけが月に当たり、月に血のような色合いを与えます。空の曇りとほこりの量に応じて、月の色も黄色、オレンジ、茶色に変わることがあります。

次の月食はいつ?

次の皆既月食は2022年11月8日に見られます。他の将来の月食は:

  • 2023年10月29日の部分月食;
  • 2024年9月18日の部分月食;
  • 2025年3月14日の皆既月食;
  • 2025年9月8日の皆既月食。

最新のインフォグラフィックで今後の日食と月食に関する詳細を見つけます!

5つの今後の月食と日食、それらの日付、タイムライン、および視程マップのリストです。自分の場所から月食か日食を見るかどうかをチェックできます!
インフォグラフィックを見る

結論:5月16日のブラッドムーンは、長持ちし(85分間)、地球の大部分からよく見えるため、並外れた月食です。ですから、それは空の観察者にとって幸運な日です。Eclipse Guideアプリを使用して、現在地のための正しいタイミングと座標を見つけて、月食をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot