もうすぐ2021年国際プラネタリウムデーです!

~6 min
The International Day of Planetariums 2021

毎年3月の第2日曜日、世界各国で「国際プラネタリウムデー」が開催されます。今日の記事では、プラネタリウムがお祝いに値するほど重要な理由と、このイベントへの参加方法をお伝えします。

このイベントの略歴

国際プラネタリウムデーは、毎年3月の第2日曜日に開催されます。これは、宇宙の壮大さと美しさへと目を開かせてくれる、教育ツールとしてのプラネタリウムの重要性を祝う日です。このイベントの主な目的は、プラネタリウムが文化、科学、教育において果たす重要な役割を広く一般に知ってもらい、天文学が楽しくて魅力的な活動であると理解してもらうことです。国際プラネタリウムデーのもうひとつの重要な目的は、各国のプラネタリウム間の国際的な連携を奨励することです。

1991年に初めて「プラネタリウムデー」を開催したのは、イタリアのプラネタリウム協会です。国際プラネタリウム協会(IPS)がこの取り組みを支援し、1995年には初めて世界規模でのプラネタリウムデーが開催されました。当初は春分の直前の日曜日に行われていましたが、プラネタリウム施設が事前にスケジュールを立てやすいように、3月の第2日曜日に制定されました。また、日曜日に営業していないプラネタリウムでは、土曜日に開催しています。2021年には、3月13日または14日に「国際プラネタリウムデー」が開催されます。

プラネタリウムとは?

プラネタリウムとは、夜空や天文学全般に関する教育的・娯楽的なショーのために作られた劇場のことです。原則として、ドーム型の大型スクリーンに天体の光景を投影します。こうしたショーは通常、説明や音楽を伴います。

「プラネタリウム」という言葉は、太陽系や宇宙を説明するための装置、例えば太陽系儀やコンピュータシミュレーションなどを指すこともあります。現代のプラネタリウムの前身と、原始的な装置から科学技術の驚異へと進化を遂げたプラネタリウムについて、歴史を振り返ってみましょう。

プラネタリウムの歴史

プラネタリウムの歴史は古代にまでさかのぼります。知られている中で最も古い天空の描写は、古代エジプトの建築家であるセンエンムウトの墓から発見されました。紀元前250年頃、ギリシャの多元論者であるアルキメデスは、地球の運動を実演する鋳鉄製の地球儀を作りました。紀元前150年頃、数学者で天文学者のプトレマイオスが天球儀の設計を記録しています。この地球儀は発見されていませんが、その製作記録は現在も残っています。

中世には、太陽、月、星座、主要な惑星の位置を示す天文時計が、一部の大聖堂で使用されていました。1584年には、デンマークの天文学者ティコ・ブラーエが天球儀を製作しました。この天球の模型は直径1.5メートルで、肉眼で星が見えるようになっていました。それから数十年後の1654年には、ドイツでゴットルフの地球儀が建設されました。直径約4メートルのこの地球儀の内側には、数人が座れる円形ベンチが設置されていました。ゴットルフの地球儀の内側には、占星術や神話のシンボルを配した星図が描かれていました。

現代のプラネタリウムの前身のひとつが太陽系儀です。これは太陽系の機械模型で、太陽系の惑星と衛星の運動を再現するために使用されました。最初の太陽系儀は、1704年にジョージ・グラハムとトーマス・トンピオンによって製作されたもので、イギリスの貴族で科学の後援者であった第4代オラリー伯爵チャールズ・ボイルにちなんで名付けられました。オランダで1774年から1781年にかけて建設されたエイセ・エイシンガのプラネタリウムは、現役のプラネタリウムとしては最古のもので、これも太陽系儀のひとつです。

惑星の運動を展示する別の方法を初めて実現したのは、1920年代にカールツァイス社により発明された最初の投影式プラネタリウム**でした。1919年、カール・ツァイス社のチーフ・デザイン・エンジニアだったワルター・バウアースフェルトが、暗い部屋に天体を投影するというアイデアを思いつきました。このアイデアを実現するため、バウアースフェルトと科学者やエンジニアからなる大勢のスタッフが数年に及ぶ計算と研究を行いました。その結果、世界初の近代的な投影型プラネタリウムが建設され、美しい宇宙の多種多様な天体の展示が可能になりました。

1980年代には、コンピュータグラフィックスを表示させる初のデジタルプロジェクターが登場し、現代の宇宙物理学が幅広い層にとって身近なものになりました。現在ではコンピュータグラフィックスや望遠鏡だけでなく、宇宙探査機から取得できる宇宙のデータのおかげで、地球を飛び出して宇宙を旅し、他の惑星や遠い星を訪れることができるようになりました。さらに、学校や大学、展示会などで広く使われている携帯型プラネタリウムや、天文愛好家が時間や場所を問わず宇宙を探索できるプラネタリウムアプリもたくさんあります。

国際プラネタリウムデーをお祝いする方法は?

通常であれば、世界中のプラネタリウムが、国際プラネタリウムの日に合わせて講演会や展示会などさまざまな教育イベントを開催しています。できるだけ多くの人に来場してもらえるよう、入場料金は無料または割引料金に設定されています。国際プラネタリウムデーに始まる、または終了するイベントを1週間にわたり用意しているプラネタリウムもあります。

私たちとしては、この素晴らしいイベントに参加して天文学の心躍るような世界に触れるには、お近くのプラネタリウムに立ち寄ったり、星空観察ガイドStar Walk 2を使って自宅で快適に宇宙を楽しむのが一番だと考えています。3月13日と14日は、「Star Walk 2」アプリが最大70%割引になります(「Star Walk 2」と「Star Walk 2 Free」に内容的な違いはありませんが、有料版には広告が表示されません)。バーチャルプラネタリウムで頭上の星空、惑星、星座、人工衛星などの天体を楽しみましょう!

星空観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する