木星、土星、火星とともに輝く月

~3 min
木星、土星、火星とともに輝く月

5月中旬には、月と3つの明るい惑星であるガスに包まれた巨大な木星、輪に囲まれた土星と赤い惑星の火星を同時に明け方の空に観察できるチャンスがあります。太陽はそれぞれの惑星に近づきます。これらの天体イベントに関する詳細情報と観察のコツをこの記事でご覧ください。

現在地からこのような天文イベントを観察するのに最適な時間を把握したいなら、Star Walk 2アプリを使用するとお住まいの地域の月と惑星の上昇と時刻をすばやく確認し、夜空で簡単に見つけることができます。

月と、日の出前の惑星トリオ

2020年5月11〜16日の朝、月と3つの輝く惑星である木星、土星、火星がともに空に現れます。早めに起きれば、世界のどこからでも日の出前にこの素晴らしい天体の景色を楽しみ、素敵な写真を撮ることができるでしょう。

5月11日月曜日の明け方の空では、月は、太陽、月、金星に続いて空で4番目に明るい天体である、まばゆい白い木星に近づきます。この木星は今回の惑星トリオでは最も明るいものです。黄金の土星と赤みを帯びた火星が列を成します。

3つの明るい惑星が肉眼で見えるでしょう。遠方の海王星も月、木星、土星、火星とともに空に姿を現しますが、海王星の観察には望遠鏡が必要になります。

月、木星、土星の接近

5月12日火曜日の夜明け前の時間には、月が朝の惑星を通過してその旅路を続け、輝かしい木星にさらに近づきます。その朝、3つの物体である月、木星、土星が地球の空に接近します。

これは肉眼で見ることができますが、双眼鏡を使うと木星と土星の色の違いを確認でき、月面も鑑賞することができます。土星の環を見たい場合は望遠鏡を用意しましょう。5月17日から18日までには土星と木星が再び接近しますが、この時には月は見えないでしょう。

火星を訪れる月

5月14日と15日の朝、火星の近くにある月を見てみましょう。ガスに包まれた巨大な惑星を訪れた後、月は5月15日金曜日の夜明け前の時間に赤い惑星と最も接近します。物体はともに水瓶座の中にあり、肉眼で見ることができます。

木星と土星はまだ空の同じ部分に観察でき、もう一度美しい写真を撮るチャンスとなるでしょう。

月と3つの惑星が再び出現

月、木星、土星、火星が接近して空に近づく今月では最後のチャンスは、5月16日土曜日の日の出前となります。この時点では、月は火星に近い惑星の列の反対側に現れます。

Star Walk 2アプリでお住まいの場所での最適な観察時間を把握し、空の景色をお楽しみください。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード