二重小惑星が地球に接近中

2019年5月25日に、最大級の隕石が地球に接近します。潜在的に危険な物体として分類されるこの小惑星は、秒速21.5 kmで地球に接近し通過することが予想されています。観察者は、扁球形の物体とその周囲を周回している小さな物体を目にする素晴らしい機会に恵まれるでしょう

小惑星1999 KW4は、幅約1.5 kmの主要な隕石と隕石を周回する幅0.5 kmの随伴する小惑星から成っています。小惑星とその衛星は、今週土曜日の協定世界時午後11時05分に、地球の近辺の非常に安全な5,182,015 km離れた場所に出現します。接近中に、小惑星は12等級に達する可能性があります。

小惑星1999 KW4が地球を通過した後は、これ以上の大きさの既知の隕石が地球のこれほど近くまで接近することは、2027年までありません。

この小惑星を観察するには、南の空のとも座を注意深く見てください。小惑星1999 KW4は、とも座のすぐ上の軌道に沿ってを移動するはずです。北半球の観察者は、最も接近した2日後に見ることができるはずです。

小惑星は、その大きさとスピードのため、地球に接近し通過する間、観察することができるのです。とは言え、 Star Walk 2アプリのお供に小型の望遠鏡や双眼鏡があればより良く観察することができます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App StoreでダウンロードGoogle Playで入手する