火星と明るいアンタレスで輝く旧月

~2 min
火星と明るいアンタレスで輝く旧月
*このテキストの翻訳が自動的に行われました。元のテキストを表示します

2020年1月17〜20日に火星の近くで輝く三日月と、明け方の空の明るい星アンタレスを探してください。観測のヒントを次に示します。

火星は今週明け方の空の前に南東の空で輝いており、今後数ヶ月間続きます。赤く着色された惑星は現地時間の午前4時30分頃に上昇し、明け方まで中程度の明るさの赤く着色された星のような物体として見え続けます。今週、火星は、さそり座の3つの白い爪星(スコーピオン)の左下(または天の東)に座り、毎朝それらから遠くに引き寄せます。同時に、低い南東の水平線がある場合は、火星のライバル、火星の明るい色合いの星アンタレスを探してください。火星の右下に手のひらの幅に座っています。 1月17〜18日の金曜日と土曜日の朝、火星は手のひらの幅(または5度)未満をアンタレスの北に通過します。明るい赤みを帯びたアンタレスは、火星をしのぐでしょう。

アンタレス(αScorpii)は、肉眼で簡単に認識できる赤い超巨星であり、夜空で15番目に明るい星です。さそり座の星座で最も明るい星であるアンタレスは、動物の心臓をマークします。ちなみに、この星はアンタレスという名前を付けました。これは「火星のような」、「火星のライバル」という意味で、赤みがかった色です。

1月20日月曜日、月と火星は明け方の空に接近します。夜明け前の南東の空では、火星の右上に4指幅未満(または天体の北西に4度)に位置する三日月が衰えています。月はマグニチュード-10.8で、火星はマグニチュード1.4で輝きます。両方のオブジェクトが双眼鏡の視野に収まり、肉眼で見えるようになります。

空の惑星や星を探す場所を見つけ、星空観測アプリStar Walk 2で天体イベントの通知を受け取ります。

ハッピーハンティング!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード