「冬の環」の内側に月を見る。 月の周囲で最も明るい星。

~2 min

今年の2月4日から6日にかけて、月が非常に巨大な六角形を形成する極めて明るい星に囲まれて見えます。

六角形を形成する星は何でしょうか?

この六角形は星座ではなく、「冬の大六角形」と呼ばれている、一般に認められている星群という星のパターンです。「冬の大六角形」は、異なる星座の6つの星から成っています。空に見える最も明るい星から時計回りの方向に紹介します。

  • おおいぬ座シリウス、
  • こいぬ座プロキオン、
  • ふたご座ポルックス、
  • ぎょしゃ座カペラ、
  • おうし座アルデバラン、
  • オリオン座リゲル。

「冬の大六角形」と呼ばれる理由は何でしょうか?

「冬の大六角形」と名付けられている理由は、暗い北半球の冬の夜に南の地平線上に出現するからです。南半球では、「夏の大六角形」または、「夏の環」と呼ばれています。

「冬の大六角形」は、南半球からはどのように見えるのでしょうか?

南半球の場所からは北側の空に見え、北半球の眺めとは逆の見え方で現れます。南半球の場所では、六角形は夜空で2番目に明るいりゅうこつ座のカノープスによってさらに拡張されます。

「冬の大六角形」は見えますか?

「冬の大六角形」(別名、「冬の環」)は、全世界で見られます。ただし、ニュージーランドの南島やチリ南部、アルゼンチンなどのはるか南に位置する場所は除きます。

「冬の大六角形」を空に見つける方法は?

「冬の大六角形」は、良く知られている星群と言えるでしょう。したがって、その場所がわかりにくいことはありません。最も明るい空の星を数個見つけてそれぞれを結び付ければいいのです!六角形が明るいため、大都市の明るい夜空で最も目立つ形になるのです。六角形は巨大なので、全体を見るには少し首を回して見る必要があります!もちろん、空の星やその他の物体がなかなか見つからない場合には、Star Walk 2アプリを使うことができます。

六角形の中心にある星は何ですか?

六角形の一部ではないベテルギウス星が中心近くに位置しています。ベテルギウス星は、空に見える10番目に明るい星です。ベテルギウス星、シリウス、プロキオンは、正三角形に近い三角形を形成し、冬の三角形と呼ばれています。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する
App Storeでダウンロード