2022年7月の星空情報:星団

~5 min
2022年7月の星空情報:星団

7月には、4つの星団が空で最適な位置に配置されます。それらのうちの3つは肉眼で見ることができます。それぞれを詳しく見ていきましょう。

内容

7月の最も明るい星団

7月1日:いて座星団(M22)

Messier 22(NGC 6656、いて座星団)は、いて座にある球状星団です。それは1665年に発見され、これまでに発見されたこの種の最初の天体の1つになりました。また、惑星状星雲がある4つの球状星団の1つです。

M22の見かけの等級は5.1であるため、肉眼で見るには完全な視力と理想的には暗い空が必要です。光学デバイスは、より良い画像を取得するのに役立ちます。星団は南の空で高く上昇します。北緯46度以北にいる観測者はそれを見ることができません。

7月2日:トゥイードルディー星団(IC 4756)

IC 4756(トゥイードルディー星団)は、へび座にある散開星団です。NGC 6633と一緒に、ルイス・キャロルの本「鏡の国のアリス」の登場人物にちなんで名付けられたトゥイードルダム星団とトゥイードルディー星団のデュオを構成しています。

IC 4756の見かけの等級は4.6で、緯度75°Nから64°Sで見ることができます。空が光害されていない場合は、肉眼で見られるほど明るいです。双眼鏡や小型望遠鏡に適したターゲットです。

7月10日:くじゃく座の球状星団(NGC 6752)

NGC 6752(くじゃく座の球状星団)は、空で3番目に明るい球状星団(等級5.4)です。それはくじゃく座で見つけることができます。

NGC 6752は、肉眼で(光害のある大都市から離れて)見ることができる数少ない球状星団の1つです。双眼鏡を使うと、満月の4分の3の面積をカバーしていることがわかります。星団は南半球から最もよく観察されます。北緯10度以北に位置するスターゲイザーはそれを見ることができません。

7月17日:M55

メシエ55(NGC 6809)は、いて座にある球状星団です。6.3の等級で輝く星団は、優れた双眼ターゲットになります。中型の望遠鏡は、個々の星のビューを提供します。

星団は南半球の上空で高く上昇し、北緯39度の北の緯度からは観測できなくなります。

月の近くにある星団

2022年7月、2つの星団が月の近くを通過します。

7月1日:月がプレセペ星団と出会う

日本時間の7月1日、午後の10時21分(13:21GMT)に、月はM44またはプレセペ星団に近づきます。それらの間の距離は3.9°になります。かに座では、星団は等級3.1で輝き、5%の光で照らされた三日月はほとんど見えません。おうし座でそれを探します。

7月23日:月がプレアデス星団と出会う

日本時間の7月23日、午後の12時29分(03:29GMT)に、おうし座を訪れている間、月は3.7°の距離でプレアデス星団を通過します。星団(等級3.1)は、三日月(等級-11.06)の近くで輝いています。日の出の数時間前に双眼鏡でシーンを観察します。

これで、2022年7月に最もよく見られる星団について必要なすべてがわかりました。上記の日付だけが星団を見ることができる日ではないことに注意してください:通常、約1か月間可視性のピークにあります。肉眼で見つけることができる上位15個の星団に関する記事も読むことができます。それらのいくつかは、現在お住まいの地域で表示されている可能性があります。また、この記事をメッセンジャーやSNSで友達と共有して、一緒に星空を眺めましょう!

楽しく天体観測をしてください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology, Inc.
Trustpilot