これからも続く月の日

今週は、月の愛好者にとり本当に素晴らしい週です。火曜日に月の火星への接近を見逃した人は、他の空の日にその現象を目撃するチャンスがまだあります。次の週末には、十三夜が蟹座大星雲(M44、別名:プレセペ星団)に接近します。

M 44は、古代から知られている、地球に最も近い散開星団の1つです。この明るい星団の大きさは、満月の直径の3倍に相当します。プレセペ星団は、肉眼で見ると等級の総数が3.1の小さい星雲状天体のように見えます。実際には、プレセペ星団には1000個の星が含まれており、双眼鏡で簡単に見つけることができます。

暗い土曜日の夜、南西の空を見てみましょう。グリニッジ標準時の午後9時30分頃、西ヨーロッパ、中東、東アフリカの天文ファンは、月がプレセペ星団を通過するのを目撃できるかもしれません。夕暮れ後、月は星団の左上(東)の約指数本分離れた場所に位置します。そのため、星団の星には、月に掩蔽されるものもあります。星団をもっとつぶさに見たい場合は、双眼鏡の視野から月を外して見るようにしてください。

追伸:街の明かりを避けて観察しましょう!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する