朝空の月と金星

今週は、太陰月の週であり、月が太陽の方向へ回転し、その後太陽を通過します。このため夜空がより暗くなり、星の観察には理想的です。

月は今週、二十六夜になり始め、夜明け前の東の地平線の上で美しく輝きます。水曜日の朝には、月はさらに細くなり、明るい金星と共演し始めます。月はその朝に拳大の大きな直径となり、金星の右側に位置します。現地時間の午前6時頃に、月と金星のペアを見てみましょう。木曜日には、月は金星の指4本分右下の地平線に達します。金星は、今週を通して日の出前の東の空に簡単に見つけることができます。

金曜日の朝から日曜日の夕方の日没直後まで、月は太陽の近くに位置するため見えなくなります。その間、月に達する太陽光は、月の裏側でのみ輝きます。新月は、正式には東部夏時間の土曜日夜6時45分に起きます。三日月は、日曜日の日没後に西の空の低い位置に見られ、少し見つけやすくなります。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App StoreでダウンロードGoogle Playで入手する