月と火星の接近

4月の今週は天然衛星の全ての素晴らしさを見ることができます:金曜日の新月の後、若い三日月が豊かに満ちていき、日没後西の空に昇ります。

毎晩月が太く満ちるのに連れて、太陽が月の表面上に昇ります。光と影の範囲を分ける、極点から極点への境界線、明暗境界線の端から端まで、日光が非常に浅い角度で月にぶつかり、月の地形の全ての高い部分から、長い漆黒の影を形作ります。太陽が昇るに連れて、毎時間、そして毎晩光景は変化し、双眼鏡や望遠鏡で見るのに最適です。全て夕方の都合のいい時間に見ることができます!

4月8日月曜日の夕方、西の空に太めの三日月が赤い火星の7度下に沈みます。火曜日の夜、おうし座の角の間にある火星の左上に月は急に位置を変えます。同時に火星の左7度に位置する明るいオレンジの星アルデバランと、火星から手のひら幅離れた右下にある明るい小さなプレアデス星団を探してみてください。

星の観察をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する