ふたご座流星群、2020年の最高の流星群

~4 min
The Geminids by StarryEarth

今年の天文のハイライトの1つのふたご座流星群はまもなくピークになります。今日の記事では、ふたご座流星の特徴を説明し、2020年の観測条件について説明し、これらの明るい流星を見る方法に関するヒントをいくつか提供します。はじめましょう!

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は、年の大流星群の1つであり、一般的に壮観なイベントになります。出現期間は12月4日から12月17日までで、極大は12月14日頃です。ふたご群の流星は非常に明るく、尾が長く、さまざまな色があります。この流星は主に白色、時々黄色、赤色、青色、緑色です。この多色現象の理由の1つは、この流れの流星物質にナトリウムやカルシウムなどの微量の金属が含まれていることです。花火をカラフルにするのにも同じ効果あります。

この流星群は、彗星に由来しない唯一の大流星群です。ふたご座流星群は、小惑星ファエトンによって残された破片です。この小惑星は直径約6kmの巨大な宇宙岩で、太陽神ヘリオスの息子であるギリシャ神話のファエトンにちなんで名付けられました。ファエトンの軌道は非常に長く、彗星を彷彿とさせます。フェートンは1.4年ごとに軌道を完成し、残骸の痕跡を残します。しかし、彗星のガスやダストテールの典型的なものはありません。これが、彗星とは見なされない理由です。

ふたご座流星群の見る方法

普通、暗い夜には、1時間あたり役60個の流星が見られますが、ピーク日に最大で1時間あたり(観測条件が優れている場合)120個を超える流星が出現すると考えられます。2020年には、地球からの観測者がさらに大きなショーを見るチャンスがあります。今年はふたご座流星の極大と新月は同じので、観測条件は理想的です。

地球上のどこにいても、真夜中過ぎに観測を始めて方がいいです。ふたご座流星の放射点がふたご座にはあります。ふたご座と放射点が高くなると、流星は短く見え、多く流星が見られます。ふたご座流星群の活動は、現地時間の午前2時まで増加します。この頃、放射点は空で最も高くなり、ふたご座流星群の活動は最も強くなります。放射点が下がってると、流星の数は低下します。

ふたご座流星群の見える場所

暗く澄んだ空の状態では、地球上のどこにいてもふたご座流星群が見えますが、北半球からの観測者の方がよく見えます。南半球から見ている人達は、放射点がそれほど高くないため、ふたご座流星群を目撃することが少なくなります。

ふたご座流星群を観察するためのヒント

一般的に、街の明かりから離れた場所を見つけることを常にお勧めします。これは、より多くの流星を捕まえるのに役立つ主なルールです。ホットコーヒーまたは紅茶と、体を暖かく保つための毛布を持って方がいいですが、特別な機器は必要ありません。あなたの目が暗闇に順応するとすぐに、それらはあなたの完璧な観察ツールになります。

夜間の観察中はスマートフォンを使用しないでください。目に暗闇に順応する時間を与えてください。こうすることで、より多くの流星を捕まえることができます。しかし、Star Walk 2と確認する必要がある場合は、ナイトモードをオンにすることを忘れないでください。柔らかな赤のテーマは、星空を眺めるときに暗視を維持するのに役立ちます。 アプリを開いて、画面の右下隅にある「メニュー」アイコンを押し、設定に移動して、「Night Mode」をタップするだけです。

次の夜に表示されるすべての流星がふたご座流星群のメンバーではありません。それらのいくつかはランダムな流星である可能性があり、他はいっかくじゅう座流星群、かみのけ座流星群などのはるかに弱い流星群に属しています。12月の流星群について最近の記事でそれらについて詳しく説明しました。

流星群について質問がある場合は、ソーシャルメディアでお問い合わせください。 「宇宙の石」クイズで、流星、隕石、小惑星、その他の小さな宇宙物体に関する知識を確認できます。

観測をお楽しみください!

テキストクレジット:
画像クレジット:StarryEarth
Star Walk 2 ロゴ

Star Walk 2

App Storeでダウンロード
Google Playで入手する