金星とプレアデス星団の希少な出会い

~3 min

今週の金星とプレアデス星団(すばる)の滅多に見られない合をお見逃しなく。これは8年に1回だけ発生します。この驚くべき光景がいつ、どのように観測できるかまとめてみました。

この金星とプレアデス星団の合が珍しいのはなぜ?

2020年4月2日、3日、4日に夜空を見上げると、7姉妹、メシエ45、M45とも呼ばれるプレアデス星団の近くにまばゆい金星が見えるでしょう。地球の「姉妹惑星」=金星は毎年この星団の近くを通過しますが、天体観測愛好家は今年の4月3日、この8年に1回だけ発生する金星とプレアデス星団の珍しい超接近を楽しめます。

地球と金星の軌道周期の兼ね合いから、この合は8年周期、1回置きのうるう年の4月初旬に起こります。このイベントが最後に発生したのは2012年4月3日で、次回の発生は2028年4月3日です。さらに金星は現在、太陽からほぼ最大離角(東46度)にあり、夜空での観測に最適な条件が揃っています。今年、金星とプレアデス星団の貴重な出会いを目撃できるのはこのためです。

夜空に金星とプレアデス星団を見る方法とタイミング

金星は夕焼けが色褪せるにつれて空に姿を現しますが、視覚補助器なしでプレアデス星団を見るには漆黒の空を待たねばなりません。天体観測アプリStar Walk 2を使用して、最適な観測時間を見極め、あなたの現在地から見上げる天体で目当ての星をすばやく簡単に見つけ出しましょう。

2020年4月3日金曜日の夜空には、西の地平線上に浮かぶプレアデス星団内で金星がキラリと光るのが見えます。プレアデス星団は金星ほど明るくありませんが、金星の輝きが星団を美しく引き立てます。

最大接近時には、金星とプレアデス星団は0°15 '以内ですれ違います。金星はプレアデス星団に侵入し、星団で最も明るい星であるアルシオーネ(おうし座イータ星)の下に鎮座します。この息を呑むような天体ショーは、世界中のどこにいても肉眼で見ることができ、素晴らしい写真を撮る絶好のチャンスをプレゼントしてくれます。カメラを構えておきましょう!

ご存知でしたか?

プレアデス星団は、夜空全体で最も明るく美しい散開星団の1つです。空が暗く澄んでいれば、観測者は肉眼で星団内の星のうち6〜12個を見ることができます。星団の主要な5つの星が空に霧状の小さなひしゃくを形成しています。プレアデス星団をもっとはっきり見たい場合は、望遠鏡ではなく双眼鏡の使用をお勧めします。双眼鏡は視野が広いため、星団全体を一度に見ることができます。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード
Google Playで入手する