ふたご座流星群2018のピーク時期

今年の最も壮大な流星群の一つであるふたご座流星群は、12月4日から16日まで毎年発生します。2018年には12月13日〜14日の夜明け前にピークに達し、空が暗ければ1時間に120もの流星が見られることがあります。ふたご座流星群は、ファエトンと呼ばれる小惑星から落下した粒子によって生成されるため、輝かしい上に色も濃く、平均よりも遅い速度で動きます。

ふたご座流星群を見るのに最適な時間は、木曜日の完全に暗い時間から金曜日の朝の夜明けまでです。

なるべく多くの流星を見るには、遠くまで見渡せる暗い場所をみつけ、できれば大気汚染と光が目につかない場所から裸眼で見てください。双眼鏡や望遠鏡の視界は狭すぎるので、流星を見る役には立ちません。携帯電話の明るい画面は夜間視力を低下させるので、見ないようにしてください。観察仲間とお話ししている時にも空から目を離さないようにしましょう。ピークの日の空が曇っている場合は、その日の二日前後なら同じくらいよく見えるはずです。

テキストクレジット:
画像クレジット:Vito Technology

Star Walk 2

Star Walk 2 ロゴ
App Storeでダウンロード

Star Walk 2 Free

Star Walk 2 Free ロゴ
Google Playで入手する